現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブラジルGP、ホンダの時代到来を予感させるフェルスタッペンのコメント【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.19

ブラジルGP、ホンダの時代到来を予感させるフェルスタッペンのコメント【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月17日(日本時間11月18日未明)に行われたF1第20戦ブラジルGPで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが圧倒的な速さを見せつけた。王者ハミルトンが必死に揺さぶりをかけてきたが、それを跳ね返す冷静さもあった。フェルスタッペン優勝の裏になにがあったのか。

圧巻の走りで王者ハミルトンを圧倒
ポールポジションから完璧な優勝を飾ったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはレース後、次のように語っている。

    【スクープ】新型ヤリスの「GR-4」がGRMNの正体? 3気筒ターボを搭載して2020年内に発売か

「このような形で勝てたことは素晴らしい気分ですし、チームの努力の賜物だと思います。今日はクレイジーなレース展開でいろいろなことがありましたが、僕は常にいいペースで走行でき、大事なところで何度もメルセデスをオーバーテイクすることができました。簡単なレースではなかったですが、チームが適切な戦略を立ててくれました。特に終盤のセーフティカー中のソフトタイヤへのスイッチは今日僕たちが勝つために大きなキーになりました。僕はいつも完璧を目指して仕事をしていますし、チームもいつも完璧なピット戦略とともに戦おうと努力をしていますが、今日はそれが完全にかみ合ったと感じています。昨年の(惜しくも勝利を逃した)レースを思うとよかったという部分もありますが、それ以上に完璧なレース展開と全員で勝ち取った勝利という意味で素晴らしい勝利でした。ホンダのパワーユニットについては、決勝だけでなく週末を通して非常にいいパフォーマンスを見せていました。また一歩前に進むことができたので、ホンダのみんなに感謝しています。アルボン選手とチームにとっては最後に表彰台を逃すことになり非常に残念でしたが、一方でガスリー選手とトロロッソ、そしてホンダにおめでとうの言葉を贈ります」

またホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは「アイルトン・セナ選手の母国初優勝となった1991年以来のブラジルGP優勝を果たすことができました。チームの素晴らしい戦略と合わせて、フェルスタッペン選手の本当に果敢かつ冷静なレース展開の判断により勝ち取った勝利だと思います。シーズン終盤での3度目の優勝はまた一つ、私たちに大きな力をくれると思っています。次の最終戦、そして来シーズンにつながる非常にいいレースになりました。この結果を今日が誕生日の本田宗一郎さんに捧げます」とコメントしている。

ではレースはどうだったのか、振り返ってみよう。

ポールポジションから好スタートを切ったフェルスタッペンがまずレースの主導権を握る。このペースについてこれたのは王者ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)のみ。それでもコース上で逆転するのは難しいと判断したハミルトンは、20周目に予想よりも早いタイヤ交換を行い、「アンダーカット」を仕掛ける。ここでソフトからソフトに交換、予想されていた最適戦略ワンストップではないことが明らかになる。

そこでフェルスタッペンもそれに対応して翌周にタイヤ交換したが、ピット出口でロバート・クビサ(ウイリアムズ)と接触しそうになり、その間にハミルトンに首位の座を奪われる。

この時点でレース展開はフェルスタッペンとハミルトンの「マッチレース」となっていたが、ここからのフェルスタッペンの走りは圧巻だった。

新品のソフトタイヤは履いたフェルスタッペンは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)をあっさりとパスすると、あっという間にハミルトンに詰め寄り、鮮やかなオーバーテイクで首位を取り戻したのだ。

しかしそれでも王者ハミルトンはまだあきらめない。43周目にはもう一度アンダーカットを仕掛けて、ミディアムタイヤに交換する。そこで再びフェルスタッペンもそれに対応して、今度はしっかりとアンダーカットを許さない。チームの見事なピットワークも光った。

そしてレース終盤、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がエンジントラブルでコース脇にマシンを止めたことで出たセーフティカーでは、チームが見事な判断力を披露。この日3度目となるピットストップを敢行して、フィニッシュまで走りきれるか不安のあったミディアムタイヤからソフトタイヤに履き替える。

これでステイアウトしたハミルトンに再び首位を奪われたが、フェルスタッペンはグリーンフラッグ後にを難なく首位を奪い返して、優勝争いに決着をつけた。

王者ハミルトンはさすがに簡単に勝たせてくれないが、ハミルトンにとっては、ホンダパワーを見せつけられる結果になっただけでなく、最後の抵抗が高い代償を払うことになり、2位の座も失うことになるのだった。

ハミルトンにとって、フェルスタッペンの速さは今後大きな脅威になることだろう。

F1第20戦ブラジルGP決勝 結果
優勝 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 71周
2位 10 P.ガスリー (トロロッソ・ホンダ)+6.077s
3位 55 C.サインツ(マクラーレン・ルノー)+8.896s
4位 7 K.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリ)+9.452s
5位 99 A.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリ)+10.201s
6位 3 D.リカルド(ルノー)+10.541s
7位 44 L.ハミルトン(メルセデスAMG)+11.139s
8位 4 L.ノリス(マクラーレン・ルノー)+11.204s
9位 11 S.ペレス(レーシングポイント・メルセデス)+11.529s
10位 26 D.クビアト(トロロッソ・ホンダ)+11.931s

14位 23 A.アルボン (レッドブル・ホンダ)+14.927s

2019 F1ドライバーズスタンディング
1位 L.ハミルトン(メルセデスAMG)387
2位 V.ボッタス(メルセデスAMG)314
3位 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)260
4位 C.ルクレール(フェラーリ)249
5位 S.ヴェッテル(フェラーリ)230
6位 P.ガスリー (トロロッソ・ホンダ)95

2019 F1コンストラクターズスタンディング
1位 メルセデスAMG 701
2位 フェラーリ 479
3位 レッドブル・ホンダ 391
4位 マクラーレン・ルノー 140
5位 ルノー 91
6位トロロッソ・ホンダ 83

[ アルバム : F1第20戦ブラジルGP決勝 はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します