現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ マークXやエスティマが生産終了! 車種統合迫る中でも残るモデルとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■トヨタ販売網の大変革で生き残るモデルとは

 トヨタは、2019年内でセダンモデル「マークX」とミニバンモデル「エスティマ」の生産を終了しました。そして、2020年5月にはこれまで販売店ごとに分けていたモデルを全店で取り扱えるようにしています。

    日産新型「ムラーノ」発表! 特徴的な顔をスタイリッシュにガラリと一新

 また、将来的には、現在約60車種ほどのラインナップを半分近くまで減らすとしていることから、さらなる生産終了モデルが出てくることが予想されます。今後、どのようなモデルが生き残るのでしょうか。

 トヨタの販売会社には、現在4つの販売チャネル(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)が存在。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン