現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【新世代のマツダを辛口評価!!】現行ラインナップ全10車の長所と短所

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人馬一体」というテーマを掲げ、開発を進めているマツダ。スバルと同じく国産自動車メーカのなかでは独自路線を歩んでいるが、最近のマツダ車には、開発者のこだわりが目一杯詰まっている。

 また、「ここ最近のマツダ車の走りはすばらしい」とほめられることが多いマツダ車だが、本当のところはどうなのか!? 大いに気になるところだろう。

    【ヴィッツがアクアを共食い!???】同メーカー内のガチ競合車たち

 今回は最新のCX-30やマツダ3を含む 10モデルの長所と短所を、渡辺陽一郎氏が解説。クルマの総合点を採点する。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yoc*****|2019/11/16 05:27

    違反報告

    好き勝手なこと言ってるけど後部座席が狭いのは認める!僕も気になる、2.5Lターボの吹け上がりが鈍とか言ってるがドッカンを抑えてるターボなだけで鈍い訳では無い。まあ、参考にするのはいいが自分で試乗してみるのが一番です!
  • htj*****|2019/11/16 06:04

    違反報告

    車種を絞り込んでいるけどパワートレーンの選択肢は多い。
    これにスカイアクティブーXも加わる。
    室内空間パッケージングより走り、デザイン優先思想。

    中堅自動車ブランドは独自の個性を発揮しないと生き残れない。

    かつて日本国内では安売りのイメージだったけど、ベストハンドリング賞をドイツで獲得しつづけたカペラをスタートとして、根本的なブランド再構築を続けている。

    バブル崩壊で一気に業績は傾いたけど、その後の政府の円安誘導政策、スカイアクティブ開発、鼓動デザインと着実な業績回復とブランド構築が進んでいる。

    より一層の発展を期待したい。
  • mys*****|2019/11/16 06:02

    違反報告

    プロらしい切り口で評価してもらいたい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン