現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「地を這うレクサスGS F」現場まで機材を積んでカッ飛ぶカメラマンの相棒!

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ショーカー志向の要素とサーキット志向の要素をドッキング!

エアサスでTE37をタックド! 未来を示すスポーツ×スタンス

    「地を這うレクサスGS F」現場まで機材を積んでカッ飛ぶカメラマンの相棒!

アメリカでもすっかり高級ブランドとして認知されたレクサスは、豊かなライフスタイルを築き上げた人々にとってステータスシンボルになっている。なかでも走ることやチューニングが好きな30~40代の男性にとって、GS Fは実用性と趣味性を両立できる格好の素材だ。

カリフォルニア州のハンティントンビーチに住むフォトグラファーのトゥ・ホアン。(web option)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン