現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 規格外の「スープラ」が世界初公開! TRD米国40周年を祝う3000GTコンセプトとはどんなクルマ?

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.7

規格外の「スープラ」が世界初公開! TRD米国40周年を祝う3000GTコンセプトとはどんなクルマ?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■TRD北米上陸40周年でSEMAショーがスープラ祭りに!

 世界最大の自動車アフターマーケット見本市、米国SEMAショーのトヨタブースでは、世界初公開のTRD「GR Supra 3000GT CONCEPT」をはじめ合計9台がカスタムスープラを出展されました。

    世界に1台のトヨタ新型「スープラ」が2億3000万円 市販モデルの約40倍の価格で落札

 2019年はTRDがアメリカでの販売を開始して40年となる節目の年。2台の魅力的なスープラが多くの来場者の注目を集めました。今回、世界初公開されたTRD「GR Supra 3000GT CONCEPT」とはどのようなモデルなのでしょうか。

 このGR Supra 3000GT CONCEPT(以下、3000GTコンセプト)を作ったのはTCD(トヨタカスタマイジング&ディブロップメント)という会社です。

 TRDは日本でも古くからトヨタ車のカスタムをおこなっているため比較的に馴染みがありますが、TCDとはTRDブランドを展開していたトヨタテクノクラフト、ジェータックス、トヨタモデリスタインターナショナルの3社が2018年4月に統合して誕生した新会社です。

 ベースとなっているのは、2019年に17年ぶりに復活を遂げたトヨタ「スープラ」です。アメリカでは愛称の意味も込めて、「マークV」(ファイブ)や「A90」(正式な型式名ではありませんがA80の後継という意味合いです)と呼ばれることが多いスープラですが、アメリカでも大人気となっています。

 TRDでは、この新型スープラにカスタムを施すにあたってボディシルエットからテクノロジーまで、1994年に発表されたスープラ(A80型)をベースにしたコンプリートカー「TRD3000GT」からインスパイアされた部分が多々あり、確実にDNAが受け継がれているようです。

 今回、米国SEMA2019の会場で世界初披露された3000GTコンセプトは当時のスープラ(A80型)のGTカーと全く同じ超ワイド&ロースタイルのレーシングエアロカウルを装着したコンプリートカーです。

 ちなみに販売の予定は米国でも日本でも現段階ではなく、これから全米を回ってPRをおこなうとのことでした。

 北米トヨタマーケティング部門グループ副社長のエド・ラウケス氏は、TRD40周年について次のように話します。

「TRDはトヨタの輝かしいモータースポーツ活動を長きに渡って支えてくれました。耐久レースやWRC、NASCARなどの世界トップレベルの競技はもちろん、バハなど米国を代表するオフロードレースに至るまで、数々の優勝をもたらしてくれました。TRDなくして今日のトヨタはありえなかったでしょう」

※ ※ ※

 3000GTコンセプトには、どのようなパーツが装着されているのでしょうか。ボディの開発自体はTCDがおこなっています。

 エンジンは、最高出力335馬力を発生させる3リッター直列6気筒ツインスクロールシングルターボを搭載。排気系には、HKS製カスタムエグゾーストFOR 3000GTコンセプトが採用されています。

 ブレーキは、ブレンボ製の鍛造モノブロックブレーキキット、タイヤがTOYO製プロクセスR888R(前265/30R19、 後285/35R19)、TWS製のRS317鍛造アルミホイールを装着。

、サスペンションはTEIN製カスタムストリートアドバンスZ 車高調サスペンション、シートがBRIDE xero CS レーシングシートを採用しています。

 伝説のロードカーへのオマージュに最新のテクノロジーを盛り込んだ3000GTコンセプトは、まさに米国TRD40周年にふさわしい記念すべきモデルに仕上がっています。

■もう1台のTRDモデルは「GR Supra Performance Line CONCEPT」

 TRDはもう1台のコンセプトモデルを発表しました。先に紹介した3000GTコンセプトは今のところ、日本での販売や、日本最大のカスタムショー「東京オートサロン」などへの出展も予定されていません。

 しかし、「GR Supra Performance Line CONCEPT」に装着されたパーツは米国や日本での販売を予定しています。

 こちらも3000GTコンセプトと並ぶ印象的なスタイルで、大型のリップスポイラーやサイドスカートはワイドで低く構えたシルエットを引き締める美しく迫力のあるスタイルを提供しています。

 また、ドアガーニッシュは美しいビジュアルを提供するだけではなく、ドアからリアクォーターパネルまでの空力性能を大幅に向上させる効果があるようです。

 リアスパッツはバンパーへのエアフローを送り込み、同じくハッチスポイラーは後部ダウンフォースを増加させるのに大きな効果を与えています。

 また、足元を引き締めるスポーティなアルミホイールは強靭で軽量なメッシュスポークを採用し、ばね下重量を減らすとともに、ホイールのゆがみを正し、スープラのハンドリング性能を確実に向上させています。

 タイヤは、ミシュラン製パイロットスポーツ4(前255/35R19、後275/35R19)を履いており、こちらも理想的なトラクションとグリップ性能をもたらしているようです。

 開発は、3000GTコンセプト同様にTCDがおこなっています。エンジンは、3リッターDOHC24バルブ直列6気筒ツインスクロールシングルターボを搭載。

 排気系はHKS製、ホイールが19インチ鍛造アルミホイール、サスペンションはTEIN製アジャスタブル車高調サスペンション、シートがBRIDE ストラーディアIIを採用しています。

 外装パーツには、TCDカスタムカーボンファイバー製スプリッター、同サイドスカート、ドアガーニッシュなどを装着しています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 加藤久美子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します