現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 乗車人数が選べるクルマはどちらを選ぶのが正解? 6モデルの販売状況とオススメのシートとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.5

乗車人数が選べるクルマはどちらを選ぶのが正解? 6モデルの販売状況とオススメのシートとは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シエンタで6人乗りを選ぶ人はたった6パーセント

 ミニバンの多くは、2列目席が3人掛けのベンチシートと、より贅沢な雰囲気とかけ心地が得られる2人掛けのセパレートシート=キャプテンシートが選べるようになっている。ボクが2000年代に2代目オデッセイを買った頃は、8人乗りの2列目キャプテンシートが圧倒人気だったことを覚えているが、それは、価格がほぼ同じなら、1人でも多く乗れるほうがミニバンとして便利そう……という欲張り感、期待感もあったからだったように思う。

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

 一方、2列目キャプテンシートは、3列目席に乗り込む際、2列目席ウォークインだけでなく、2-3列目席スルーによる乗車も可能で、3列目席を頻繁に使う用途に向いている。が、3列目席をすべて格納してしまうと4人乗りになってしまうという、ちょっとした問題点もある。

 その事実が色濃く反映されているのが、2019年8~9月期の乗用車販売台数No.1に輝いたトヨタ・シエンタ。6/7人乗りが選べるコンパクトミニバンだが、6人乗りが11%、7人乗りが89%と、より多くの乗車が可能な仕様が圧倒的に売れているのである。

 もっとも、シエンタの場合、6人乗りといっても、2列目席はフリードのようなキャプテンシートではなく、5:5分割のベンチタイプのシート中央に物入れを設け、2人掛けとしているだけの微妙な仕様なので、6人乗りを積極的に選ぶ大きな理由がないのも、7人乗りが売れている原因のはずだ。5人乗りの大容量ワゴンと言えるシエンタ FUNBASEを加えた5/6/7人乗りの販売比率でも35%/7%/58%となる。

 乗車定員が1人多くなる2列目席ベンチシートのメリットとしては、3人掛けが可能になるだけでなく、子育て世代にとってはおむつ替えがしやすい、愛犬家には大型犬もゆったり(横に)乗せられるなどの使い勝手の良さがポイントとなる(大型犬と暮らしているわが家では、オデッセイも8人乗り、2列目ベンチシート仕様だった)。もっとも、2列目席ベンチシートにゆったり快適に乗れるのは2人までなのだが……。

 三菱デリカD:5はグレードによって売れ筋が異なる!

 逆に、ホンダ・ステップワゴンのように、2列目席キャプテンシートが基準仕様になっているミニバンもある。実際、ステップワゴンの7/8人乗り仕様の販売比率は7人乗り2列目キャプテンシートが67%、8人乗り2列目ベンチシートが33%なのである。

 同じくホンダのフリード(2019年10月のMC前)も6人乗り2列目キャプテンシートがなんと80%、7人乗り2列目ベンチシートが20%と、乗車定員の少ない、2列目キャプテンシートが圧倒的に売れている。少子化もあって、両親+子供2人以下の家庭が多くなったということか?

 本格SUVの皮をかぶったミニバンと呼んでいい、今では4WD専用車となった新型三菱デリカD:5は、2列目キャプテンシートの7人乗りが45%、2列目ベンチシートの8人乗りが55%と、乗車定員の多い、2列目ベンチシート仕様が売れている。アウトドア、キャンプシーンでは、こちらのほうが使いやすいという事情もあるに違いない。ただし、同じデリカD:5でも都会派? なネーミングのURBAN GEARになると逆転。リッチな室内空間となる2列目キャプテンシートの7人乗りが60%を占めるから面白い。

 ちなみに、SUVの3列シート仕様車であるマツダCX-8は2列目キャプテンシートの6人乗りが42%、2列目ベンチシートの7人乗りが58%と、乗車定員の多いほうが売れている。

 ところで、トヨタ・ノア&ヴォクシーや、日産セレナなどのミニバンになると、事情が少々異なってくる。というのは、同クラスのステップワゴンと違い、2列目キャプテンシート仕様でも、前後に加え、横スライド機構を備えているため、7人乗り2列目キャプテンシートでも、ベンチシート化が可能で、普段はキャプテンシートの贅沢なかけ心地を味わい、子供のおむつ替えや大型犬を乗せるようなシーンでは2脚のシートを中寄せし、ベンチシートに変身させられるのだからアレンジ自在、使い勝手自在。

 こうしたミニバンの場合は、7人乗り2列目キャプテンシートでもさまざまな乗車、使用シーンに対応できることになる(3人掛けは不可。ベンチシート化したときのシート幅はベンチシートより狭くなるため)。Mクラスボックス型ミニバンで、2列目キャプテンシート/ベンチシート選びで悩むなら、そうしたミニバンを選ぶのも手だろう(最大7人乗車限定だが)。ヴォクシーの例でも、7/8人乗りの販売比率はそれぞれ83%、17%と、2列目キャプテンシートの7人乗りが圧倒的な人気なのである。もちろん、こちらがお薦めである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 青山尚輝)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します