現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【EICMA 2019速報!】ホンダが新型レブルを発表!LEDヘッドライトで印象一変!ビキニカウルなどが備わった〈S Edition〉にも注目!

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.5

【EICMA 2019速報!】ホンダが新型レブルを発表!LEDヘッドライトで印象一変!ビキニカウルなどが備わった〈S Edition〉にも注目!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア・ミラノで11月4日に世界初公開。アシストスリッパークラッチも搭載し、よりフレンドリーな仕様に!
日本でも大人気なホンダ・レブルのモデルチェンジが発表されました。

イタリア・ミラノで開催されたEICMA2019の事前発表会でお披露目された新型「レブル500」がこちらです。

    4気筒250cc復活!カワサキ「Ninja ZX-25R」を解説!



ヘッドライトをはじめ、ウインカー、テールランプにいたるまでLED化され、見た目の印象も大きく変わりました。

エンジンは、471cc並列2気筒。欧州の新規格Euro5に対応するため、エキゾーストシステムの改良が施されています。

また、このモデルチェンジによりアシストスリッパークラッチを採用。新型デジタルメーターにはこれまでなかったギアポジションインジケーターも備わっています。

シート高はこれまでどおり690mm。ビギナーや女性ライダーから高く支持される「扱いやすさ」は、これまで以上ともいえそうです。

さらに、ブラックアウトスタイルが際立つ、ビキニカウルやフォークブーツ、スペシャルシートなどの純正用品をあらかじめ装着した〈S Edition〉も新たに設定。新型レブル500は日本での販売も予定されているようなので、このモデルの発売にも期待したいですね。

ここでもうひとつ気になるのは、「レブル250」も同じように生まれ変わるのか、ということ。こちらも続報が入り次第、お伝えします。

レポート:西野鉄兵

[ アルバム : ホンダ新型レブルシリーズの写真をもっと見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

イタリアでの発表の瞬間の映像です。現地の臨場感をぜひご覧ください。(1分30秒)


Honda Motorcycles Europeが早くも走行映像を公開!(2分27秒)


ホンダ新型「レブル500」の主なスペック(欧州仕様)
全長×全幅×全高:2,205×820×1,090mm
ホイールベース:1,490mm
最低地上高:130mm
シート高:690mm
車両重量:191kg
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:471cc
ボア×ストローク:67×66.8mm
圧縮比:10.7
最高出力:34kW/8,500rpm
最大トルク:43.3N・m/6,000rpm
燃料タンク容量:11.2L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:28゜
トレール量:110mm
タイヤサイズ(前・後):130/90-16M/C 67H・150/80-16M/C 71H
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク

ホンダ 公式サイト(ニュースリリース)
ホンダ・レブルの関連記事はこちら!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ webオートバイ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します