現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京モーターショー2019はコレが熱い!スポーツカー&個性派モデル編

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.29

東京モーターショー2019はコレが熱い!スポーツカー&個性派モデル編

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサスは、東京モーターショー2019に魅力的なオープンモデル「LCコンバーチブル コンセプト」を展示した。

オープン化を念頭に開発されたLCだけに、グッドルッキング。クーペのLCがもつ優雅さを損ねていない。狭いリアシートも、贅沢さを高める。

    マツダのクルマは美しい。なぜか?

ソフトトップを閉じた状態や開閉シーンは残念ながら見られなかったが、クローズ時も優雅さを保ったデザインが魅力という。

気になる価格は1000万円オーバーになるはずだ。日本車のオープン・カーで、1000万円オーバーの量販モデルは史上初かもしれない。ちなみに今、ワールドワイドでも、1000万円オーバーのオープン・モデルは限られる。

とくにラージ・クラスのオープンは、メルセデス・ベンツ「Sクラス」およびBMW「8シリーズ」ぐらい。かつては、ジャガー「XKシリーズ」やキャデラック「XLR」など、ラグジュアリーなオープン・モデルが複数あっただけに、寂しい限りだ。

そんな寂しい市場に新車を投入するレクサスはすごい。さまざまなメーカーが、販売が見込めない&採算がとれないなどの事情によって撤退したジャンルに、わざわざ新車を投入するわけだから、それほどの自信作なのだろう。

2020年の登場が待ち遠しい。

ステーションワゴン、最後の砦東京モーターショー2019に唯一展示されたステーションワゴン(WAKUスポは除く)のコンセプトカーが次期型「レヴォーグ」だった。

かつて一世を風靡したステーションワゴンも、今やSUVやミニバンに変わってしまい、人気はイマイチ。日本メーカーのステーションワゴンは、ごくわずかである。

こうした状況でも、ステーションワゴンに力を入れているのはスバルだ。今回のショーにも、「レガシィ ツーリングワゴン」の流れを汲む「レヴォーグ」の次期モデルを展示した。

あらゆる点が「不明」であるものの、開発責任者は「現行レヴォーグと比べあらゆる面が進化しています」と、自信たっぷり。日本の道路事情を考慮しつつデザインした、スタイリッシュなエクステリア・デザインも注目ポイントであると述べる。

日産「ステージア」や三菱「レグナム」などといったライバルなきいま、レヴォーグの存在はステーションワゴン愛好家にとって非常に重要である。はたして、2020年後半の登場までに、どれほどアップデートされるのか? 注目だ!

【東京モーターショー2019展示モデル】TOYOTA

「e-Palette」

トヨタは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会用に電気自動車「e-Palette」を開発した。注目は自動運転の実用化だ!

LEXUS

「LF-30 Electrified」

レクサスの斬新なコンセプトカー「LF-30 Electrified」は、“運転する歓び”を追求しているのが特徴でもある。自動運転技術より、“走りの良さ”をアピールするワケとは?

「LCコンバーチブル コンセプト」

レクサスのフラグシップ・クーペ「LC」のオープンモデルが東京モーターショーに出展された! 偽装が施されていないオープンモデルの公開は、日本初になる。

HONDA

「LiB-AID E500 for Music」

東京モーターショー2019のホンダ・ブースに展示された蓄電機「LiB-AID E500 for Music」とは?

SUBARU

「LEVORG」

東京モーターショー2019で披露された、スバルの次期型「レヴォーグ」の詳細に迫った!

(本文より)「見た目では、このプロトは現行よりも低く、幅広い印象がある。しかし、五島氏は、『ボディサイズが公表されたとき、きっと驚かれると思いますよ』と言うから、実寸以上に低く、そしてワイドに見えているのかもしれない。」

DAIHATSU

「Tsumu Tsumu(ツムツム)」

ダイハツの軽トラック「Tsumu Tsumu(ツムツム)」の実車が東京モーターショーに展示された!

(本文より)「農業に従事されている方々をメインターゲットに開発しました。ボディからは新鮮な野菜をイメージしています」

SUZUKI

「WAKUスポ」

クーペとステーションワゴン、ふたつのボディ形状を有するスズキのコンセプトモデル「WAKUスポ」。披露された変形方法とは?

ALIPNE

「A110S」

アルピーヌ「A110」のハイパフォーマンスモデル「A110S」がまもなく日本に上陸するが、ひと足先に東京モーターショー2019に出展された。もとになるA110との違いはいかに?

文・稲垣邦康(GQ) 写真・安井宏充(Weekend.)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 稲垣邦康(GQ))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します