現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 打倒ホンダ「N-BOX」なるか!? スズキ「ワゴンR」はかつての輝きを取り戻せるのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.21

打倒ホンダ「N-BOX」なるか!? スズキ「ワゴンR」はかつての輝きを取り戻せるのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■旬は過ぎた? 「ワゴンR」をはじめとしたトールワゴンの現状とは

 近年、軽自動車市場ではホンダ「N-BOX」をはじめとする、全高1800mm前後の背の高いボディと、後席両側スライドドアを装備した「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるカテゴリのモデルが売れ筋となっています。

    スズキが新型SUV「エスプレッソ」発売! 超小型SUVで若者需要を狙う

 一方、かつて販売ランキング首位を獲得し続けた全高1700mm前後で後席ヒンジドアの「トールワゴン」と呼ばれるカテゴリの軽自動車は、いまは当時ほどの人気がないように見えますが、実際はどのような状況なのでしょうか。

 トールワゴンに属する車種には、販売ランキング首位の常連だったこともあるスズキ「ワゴンR」や、ダイハツ「ムーヴ」、ホンダ「N-WGN」、日産「デイズ」などが存在します。

 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会のデータによると、2019年時点で、ワゴンRが最後に軽乗用車販売ランキング1位を獲得したのは2011年です。この年のワゴンRの販売台数は16万439台を記録しました。

 続く2位にはムーヴ(14万5201台)、6位にはN-WGNの実質的な前身モデルといえるホンダ「ライフ」(6万7574台)がランクインしています。

 その後、ワゴンRやムーヴをはじめとするトールワゴンの車種は販売ランキングを徐々に下げていき、2018年の軽乗用車販売ランキングでは、ムーヴが5位(13万5896台)、ワゴンRが6位(10万8013台)となっています。

 なお、3位にデイズ(14万1495台)がランクインしていますが、この数値はスーパーハイトワゴンの派生車種「デイズルークス」も含む数値となっています。

※ ※ ※

 スーパーハイトワゴンの人気に押されてトールワゴンタイプの人気が下がっているかのように見えますが、実際はそれほど低調という訳ではありません。

 なぜなら、トールワゴンタイプの軽自動車に、派生車種としてSUV化したモデルが登場していて、人気を博しているからです。

 普通車の販売市場では、現在SUVが一大勢力を誇る人気ジャンルとなっていて、その波が軽自動車にも波及しているともいえます。

 火付け役となったのは、2014年1月に発売されたスズキ「ハスラー」です。ハスラーは、ワゴンRをベースに内外装をSUV風に仕立てたモデルで、かつて存在した「Kei」の代替として設定されたといわれています。

 SUV人気の波に乗ったハスラーは2014年に10万4233台を販売し、ランキング10位となります。発売から4年が経過した2018年も販売台数6万5291台となっており、ランキングは9位と順位を落としていません。

 そして、2018年の販売台数におけるワゴンRの販売台数(10万8013台)とハスラー(6万5291台)を合算した17万3304台という記録は、じつはスーパーハイトワゴンのランキング2位「スペーシア」(販売台数15万2104台)を超えるのです。

 SUV風の外観を持つハスラーの人気を受け、三菱も2019年3月にトールワゴンの「eKクロス」を発売し、販売拡大を図っています。

 また、スズキの販売店スタッフは「現在の軽自動車市場のなかで、ワゴンRはいまのトレンドから外れているかもしれませんが、根強いファンや固定客層が存在します」と話します。

 規格に縛られていることから差別化がしにくい軽自動車とはいえ、販売ランキング10位前後まで見ると、人気の軽自動車の車種にはさまざまな多様性が残されているのです。

■「N-WGN」に続いて「ハスラー」も新型が登場!?

 根強い人気を誇るトールワゴンタイプの軽自動車市場に、2019年8月から加わったのがホンダ新型「N-WGN」です。

 このクルマは、ホンダが同社でもっとも人気の軽自動車であるN-BOXの開発で得たノウハウを存分に活かし、また単なる「弟分」にならないよう差別化が図られていますが、そのなかのひとつに、荷室の使い勝手が挙げられます。

 地上からバックドア開口部までの高さを先代N-WGNから大きく低床化したほか、荷室を上下2段に分けることが可能となるボードを全車に装備。荷物を積み分けられるほか、ボードを収納することで高さのある荷物の積載も可能となります。

 運転席まわりでは、さまざまなドライバーが正しい運転姿勢をとれるよう、運転席ハイトアジャスターに加え、同社の軽自動車で初めてとなるテレスコピック&チルトステアリング機構を標準装備。

 ホンダの販売店スタッフは、N-WGNについて「2019年6月7日から先行予約を開始していましたが、事前に実際に問合せを頂いたお客さまからは、荷室の開口部が低くなったことがティザーサイトで公開されていたことから、使い勝手に関する話も頂いていました。デザイン面も好評です」とコメントしています。

※ ※ ※

 N-BOXばかりが好調に見える現在の軽自動車市場ですが、トールワゴンのジャンルにおいてもメーカーは新型車の開発を継続しておこなっています。

 2019年10月に開催される東京モーターショー2019では、前出のハスラーの新型モデルとみられる「ハスラーコンセプト」を出展することが明らかとなっていることから、今後もトールワゴンタイプの軽自動車市場から目が離せません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します