現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > モーターショーというコンテンツはもはや終焉を迎えた? 令和を迎え変革が求められる自動車業界でのモーターショーのあり方を考える

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、モーターショーは出展社数も入場者数も減少の一途をたどっている。デトロイトもパリも東京も。そして今年のフランクフルトショー(IAA)もまさにそうだった。

日本のメーカーで唯一出展していたのは、ホンダのみ。欧州ではPSAグループ(プジョー、シトロエン、DS)やFCA、アメリカ系、そして多くのイタリアンブランド(フィアット、アルファロメオ、ランチア、マセラティ)が姿を見せなかった。

    425ccにできること!齢58歳の2CVでパリからシトロエン100周年イベントへ(後篇)

自動車ショーはもはや終焉を迎えたのか?Oliver Tamagniniそれでも話題になったのは、自国のドイツブランドから数多くのワールドプレミアが披露されたからにほかならない。(GQ JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン