現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディQ3スポーツバックは4ドアクーペの要素を盛り込んだ新感覚SUV

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.25

アウディQ3スポーツバックは4ドアクーペの要素を盛り込んだ新感覚SUV

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディSUVとしては初めての「スポーツバック」が、スタイリッシュに登場。 20インチホイールまで設定されるなど、アグレッシブな走りを予感させる新顔だ。(Motor Magazine 2019年9月号より)

傾斜の強いDピラーから生み出されるスポーティなサイドビュー
アウディはこれまでQ3やQ5のように奇数のSUVモデルはスタンダードボディ、そして偶数はQ2、Q8に見られるように「クーペ」と定義付けようとしてきた。ただし、Q4やQ6に関しては再考状態。とくにQ4はBEV(フルバッテリー電気自動車)、あるいはPHEV(プラグインハイブリッド車)専用になる模様で、モデル名として温存しておきたいようだ。

    トヨタ決算発表会で明らかにされた“21年末までに投入する新モデル18車種”を大予想【スクープ】

しかし、このセグメントのSUVクーペには好評なメルセデス・ベンツGLAに見られるように、それなりの注目度がある。そこでアウディが考え出したのが、これまでセダン系に使っていた4ドアクーペの定義をSUVに適用した「スポーツバック化」だ。

リアエンドに向かって低く長く伸びたルーフとQ3以上に傾斜の強いDピラーが作り出すサイドビューは、とてもスポーティ。サイド部分のプレスラインの位置を下げることで、重心も低く見える。

気筒休止機構を備えた1.5Lガソリンエンジンも
シャシ形式こそフロント/マクファーソン+リア/4リンクとスタンダードと同一だが、フロントのトレッドは1584mm、リアのそれは1876mmへと広がっている。またSラインには、通常17インチのタイヤに代えて、235/55サイズの18インチタイヤを装備し、ダイナミックな印象も強い。オプションでは19のみならず20インチまでサイズアップが可能だというから驚く。

搭載されるエンジンは、欧州での発売当初は230psを発生する2L TFSIを搭載した45TFSIクワトロと150psあるいは190psを発生する2L TDIを搭載する35TDI、そして40TDIクワトロが用意される。 

やや遅れて登場するQ3スポーツバックTFSIには150psを発生する1.5Lガソリンエンジンが搭載される。このエンジンは低負荷時に2番3番が休止するシリンダーオンデマンドシステムと48Vのマイルドハイブリッドシステムが搭載される。12kWの出力を持ったBSG(ベルト駆動式スタータージェネレーター)のサポートによって、100km走行あたり最高で0.4Lのガソリンを節約することができる。(文:木村好宏)

[ アルバム : アウディQ3スポーツバック はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します