現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ファンのため? 個性のため?】 マツダとルノーがMTを設定し続ける本音と実情

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.3

【ファンのため? 個性のため?】 マツダとルノーがMTを設定し続ける本音と実情

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MT車の設定が年々減っていくなか「あのメーカーならMTを選べる」といったメーカーも多かった。

 しかし時代の潮流には逆らえずCVT、またはDCTへの変更は多くのメーカーでみられる動きだ。そんななかでも半ば意地のようにMTを設定し続けるメーカーがある。

    【個性派メーカー2社の強み弱みが見えてくる!?】 マツダvsスバル 現行車対決 3選

 今回はマツダ、そしてルノーに絞って各社の狙いを聞いてみた。AT車全盛のこの時代に、なぜ3ペダルMTを設定するのだろうか?

文:大音安弘/写真:編集部

■安全性と利益率を考えればMT減少は仕方ない

 かつてクルマ好きといえば、熱心なMT愛好者でした。しかし時代は流れ、スーパーカーまで軒並みATに。日本でも復活した新型スープラにMTが非設定など、MTを選ぶこと自体のハードルも高まりました。

 この背景には、AT車の普及だけでなく、驚異的な発展を遂げた最新ATの技術の高さが挙げられます。

年々減っていく3ペダルMT車。クルマを操っているという感覚は非常に楽しいものだが、やはり時代の波には勝てないのだろうか

 巨大なトルクやスポーツ走行に耐え、一流ドライバーを超える俊敏なシフトチェンジを実現するなど、プロも一目置く存在です。同じ仕様の車両なら、タイムアタックの結果も、AT車が勝ることは、当たり前となっています。

 またドライバー自身にも、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作に集中できることで、安全マージンの拡大というメリットを与えました。つまり、MTでなくては、クルマを楽しめない時代は終わったともいえます。

 それでは、MTの存在価値は失われてしまったのでしょうか。今もラインナップの多くにMT車を残す国内外メーカーに注目し、その意味に迫ってみました。

■国内最後の砦?? マツダが意地でもMTを残す理由

 国産車の中でも特にMTラインアップが充実しているのがマツダ。マツダ車を選ぶすべての人に、クルマを操る楽しさを提供したいという考えのもと、可能な限り多くの車種にMT車を設定しているといいます。

 その言葉を裏付けるように、最新ラインアップでは、マツダ3セダンとCX-8を除く、全ての車種でMTの選択が可能。

マツダ3にもMTを設定。MT車という個性を生かしている数少ないメーカーだ

 特筆すべきは、SUVのCX-3とCX-5までMTが用意されている点でしょう。2018年度の実績では、ラインアップ全体の5.2%がMT車となるという。

 SUVは平均値を下回るものの、CX-5は2018年10月の改良で新たにMT車を設定するなど、積極的なMT展開を見せ、2019年、名称変更が行われたマツダ2(デミオ)、マツダ6(アテンザ)にもMT仕様がしっかりと継続されています。

 この姿勢は、今後も変ることはないとしており、限られたMTニーズにも出来る限り応えていきたいとしています。

ロードスターのMT比率の高さはさすが。SUVなどでのMT設定は他社にはない個性となっている。マツダ2018年度車種別MT車販売比率(2018年4月~2019年3月、商用車及び軽自動車含まず)。 ※マツダ公表値

■熱狂的なフレンチファンの要望に応えるルノー

 一方、海外勢はどうなのでしょうか。現在、MTを導入する海外ブランドは、限定的。先にも述べましたが、スーパーカーに代表されるように、高性能スポーツは、ATが進んでいます。

 そのため、各社1モデル程度ということも多くなっています。その中で、比較的MT車のイメージが強いのが、ルノーです。ルノー・ジャポンでは、「日本のフレンチファンは、MT指向の人が多い」といいます。

一部のモデルにはMTを設定し続けるルノー。日本のフレンチファンのためにも国内向けにMTの設定は続いていくようだ

 そのニーズに応えるべく、通常モデルを含めてMT車の設定をしているようです。ただ意外なことに、最新ラインアップでのMT車のカタログ設定は、トゥインゴGTとカングーの2車種のみ。

 ルーテシアとトゥインゴのエントリーモデルのZENのMT車は、台数限定での導入としています。それでもMTイメージが強いのは、台数限定や限定車という手法で、柔軟にMT車を用意する商品戦略を取っているからでしょう。

 ただルノーがEDCと呼ぶDCTの導入が、この流れにも大きな変化をもたらしています。ルノーのスポーツモデル「R.S.(ルノー・スポール)」は、トランスミッションの主力をMTからDCTへとシフト。

 これは他社のスポーツモデルと同様に、性能向上を狙ったものです。このため、ルーテシアR.S.に関しては、スポーツモデルのすそ野を広げるという役割を担ったことで、全車でEDCを標準化。

 ホットハッチの頂点を争うメガーヌR.S.は、ハイレベルなドライバーのニーズにも対応すべく、DCTに加え、MTを継続していますが、日本では、DCTを標準とし、よりサーキット性能を意識した「CUP」モデルの6MT車だけを限定車として導入しています。

 通常モデルでもカングーのMT比率は、最盛期の2015年では46.4%だったのに対して、DCTの登場により今や10%代まで縮小されています。

カングーやルーテシアなど普通のコンパクトカーにもMTを設定しているルノー。欧州勢で3ペダルを購入しやすい車両価格で提供し続けるルノーにはファンも多い。ルノー2019年上半期日本での車種別MT販売比率(2019年1月~6月)※ルノー・ジャポン公表値

■今後は一層ニッチになるMTの設定だが消滅の可能性は低い

 更なる効率の追求と先進機能との親和性など、MTの存在は、よりニッチとなることは言うまでもありません。

 しかし、近い将来、MTが失われてしまうと考えるのは早計ではないでしょうか。クルマを操る喜び、運転技術の向上など、MTならではの魅力があるからです。

S660など「操る楽しさ」を追求したクルマは今後も登場する可能性は非常に高い。数は減るものの3ペダルが消滅することはしばらくなさそうだ

 また先進国に目を移せば、MTのシンプルかつタフな基本性能が重宝され、依然として高いニーズを保っています。先にも述べたように、年々、MT車のハードルは高まっており、選択肢が縮小することはやむを得ない現実です。

 ただユーザーの声が消えない限り、少なくとも失われることがないでしょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部シオカワ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します