現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 期待のSUV、新型「ジューク」が日産復活の鍵となるか しかし年内登場が危ぶまれる理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.14

期待のSUV、新型「ジューク」が日産復活の鍵となるか しかし年内登場が危ぶまれる理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 個性的なデザインと使いやすいサイズが評価され、日本や欧州で大ヒットとなった「ジューク」。しかし発売開始から9年が経過しており、新型モデルの登場が望まれている状況です。

 なかなかお披露目されない新型ジュークは、なぜ登場が遅れているのでしょうか。

    日産新型「ムラーノ」発表! 特徴的な顔をスタイリッシュにガラリと一新

人気の小型SUVにも関わらずなぜ新型ジュークは登場しないのか(写真はIMQコンセプト) ジュークは国内外で人気となっているコンパクトSUVですが、発売開始が2010年と古く、現在の販売台数はライバル車の後塵を拝しています。

 じつはジュークに限らず、現在の車種ラインナップにおいて、日産は国内外問わずSUVの手持ちがあまりありません。日産SUVのなかで人気モデルとなっているエクストレイルにおいても、デビューは2013年と決して新しくないのです。

 都内にある日産の販売店の営業担当は、次のようにいいます。

「SUVが好調となっている現在の新車市場において、日産で勝負できるのはエクストレイルくらいです。ジュークはさすがに古く、ライバル車のトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」と比較すると見劣りしてしまいます。

 大型SUVもラインナップにありません。SUVが売れているいまだからこそ、一刻も早い新型ジュークの発売を望んでいる営業マンは少なくないはずです」

 販売現場からも早期発売が望まれている新型ジュークですが、発売開始が遅れている理由は、日々ニュースを騒がせているイギリスのEU離脱問題にあるといわれています。

 ジュークは、国内向け仕様は神奈川県の追浜工場で、欧州向け仕様はイギリスのサンダーランド工場で生産されていますが、EU離脱問題の影響で、生産拠点を決められないというのです。

 とくに欧州でのシェア拡大を期待できるジュークにとっては、この問題は重大といえます。関税などが関係するEU離脱問題の結末によっては、生産工場を変える必要があり、それに伴って発売時期を考え直さなければならないわけです。

 大筋の予想では、2019年秋に開催される東京モーターショーのあたりで世界初披露されるのではないかといわれていますが、実際の発売時期がどうなるかは、まだ見えてきません。

 ただ、国内向けは問題なく生産スケジュールが組めるはずですので、2019年内の発売に期待したいところです。

新型ジュークはどんなスペックで登場するのか!? 製造する工場が確定していないことが発売の遅れの原因といわれる新型ジュークですが、開発自体は順調なようです。

新型ジュークの早期発売が望まれている(写真は現行型ジューク) インターネット上ではスクープされたテスト車両の写真が掲載されているサイトもありますし、次期型ジュークのデザインとの関連が指摘されるコンセプトカー「IMQコンセプト」も登場しています。

 現在出回っている情報を整理すると、個性的な顔つきをはじめとしたボディ全体のデザインは、キープコンセプトとなることが予想されます。また、プラットフォームの面でも大きく変化する模様です。

 現行型ジュークは、2000年代前半に開発された「Bプラットフォーム」という日産・ルノーのFF車専用プラットフォームを使用しています。

 日産とルノーは2012年から、いま自動車業界で急速に進んでいるプラットフォームなどのモジュラー化を推進。CMF(コモン・モジュール・ファミリー)と名付けられたエンジニアリングアーキテクチャーにより、BセグメントFF車用の「CMF-B」という新プラットフォームを開発しました。

 新型ジュークにはこれが使われる予定で、各種性能と機能が大幅に向上されることでしょう。

 プラットフォームの刷新と同時に、エンジンやパワートレイン、運転支援システムなどの進化も見込まれます。

 現行型の国内仕様では、1.5リッター直列4気筒と、1.6リッター直列4気筒直噴ターボのふたつのユニットが採用されていますが、新型では1リッター直列3気筒のダウンサイジングターボ、1.6リッター直列4気筒直噴ターボ、そして最上級グレードに搭載される「e-POWER」(エンジンで発電してモーターで駆動するハイブリッドシステム)を準備していると噂されています。

 注目はマイクラ(欧州向けコンパクトカー)にも搭載されている1リッターダウンサイジングターボで、マイクラと同じスペックであれば100ps/160Nmを発生。

 動力性能だけでなく、日本では税制面においても魅力のあるエンジンとなるでしょう。また、e-POWERは次世代タイプへと進化し、運転支援システムにおいても最新の「プロパイロット2.0(三眼式カメラ + 5レーダー + 12ソナー)」が採用される可能性もあります。

 最近、新型車の発表という話題ではとんとご無沙汰の日産。秘蔵っ子ともいえる新型ジュークの発表を皮切りに、国内外の市場でのシェア回復を狙いたいところです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 山崎友貴)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tgp*****|2019/07/14 10:58

    違反報告

    V字メッキいいかげんやめたら?

    デザインの統一化の試み自体は良いけど、V字メッキで統一するといった小手先の手段ではなく、もっと総合的なデザイン理念を抜本的に考えるべき。そうすると己ずと独創的で洗練されたキャラクターが醸成され身に付いてくる。
  • yuk*****|2019/07/14 11:23

    違反報告

    ジュークもいいけど Be1を今風にeパワーで 出したほうが売れると思うけど。
  • nan*****|2019/07/14 10:44

    違反報告

    発売開始が2010年と古く
       ↑
    もう9年も経つ事にも驚くが、そもそもNMUK設立の理由も日産なりに有ったんでね(笑)。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します