現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】スバルの次期レヴォーグは次世代技術をテンコ盛り。2.4Lターボ搭載の可能性も

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてのレガシィ ツーリングワゴンの実質的な後継車として2013年の東京モーターショーで鮮烈なデビューを飾ったスバル レヴォーグ。翌2014年に発売されるやいなやヒット車種となった。そんな人気車に次期型の情報が入って来た。事実上、エンジンからシャシ、アイサイトまですべての次世代化が完了する次期レヴォーグの気になる中身を詳細に報告しよう。

欧州市場攻略の切り札としてすべてを一新した本格ワゴンに
スバルが2020年までの中期経営計画「際立とう2020」に盛り込んだモデルチェンジスケジュールは、今のところ滞りなく進んでいるようだ。(Webモーターマガジン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン