現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 23年もトヨタのモータースポーツを支えてきた名エンジン!名機3S-Gとは

ここから本文です

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yos*****|2019/06/07 13:09

    違反報告

    トヨタの名エンジンはヤマハに設計してもらって成り立ってきた。最近はスバルやBMWに丸投げ。しょせんファミリーカーメーカーでしかない。
  • r_h*****|2019/06/07 13:21

    違反報告

    ヤマハと切ってからはトヨタは名機と言われるエンジンは無い。
    トルクは減ったし、パワーも無い。
    燃費重視はいいが、ヤマハを踏襲する形で開発していけば、もっといいエンジン作れるのに、、
  • nan*****|2019/06/07 13:25

    違反報告

    かつてのモータースポーツ向けトヨタエンジンは主に2T-Gが担っていた、勿論18R-Gや4T-GTもそれなりに活躍はしたけどね。
    全日本F-3ではフリクションロスの低さ等から早くから注目されていた。
    86年からはCカーにも積まれたけど、4T-GT系の公称450馬力から3Sは680馬力を発生したとされる。
    トヨタの技術者も「ここまで馬力が上がるのはどれだけエンジンが優れているかわかると思います」とコメントしていた。
    トヨタも長期間にわたりロードレースからラリーまを担うエンジンになるとは思わなかったと思う。
    エンジンの設計者はどんな方でどう考えて造ったのか、この辺りも興味深い。

    トヨタモータースポーツ活動を支えた名機として高く評価すべきエンジンと思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します