現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産小型車の行方 ノートが主力でかつての人気車「マーチ」の存在意義とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■マーチからノートへ変わった日産の方針とは

 毎年、国内自動車メーカーの販売台数ランキング(登録車)では、トヨタ車の「プリウス」「アクア」が上位を独占していました。しかし、2018年の年間販売台数において、日産「ノート」が首位を奪ったのです。

    ホンダ新型「フィット」が新ハイブリッドを搭載し2019年秋に公開

 プリウスやアクアと並んで売れているクルマの代名詞的存在となったノートですが、日産にはコンパクトカーの「マーチ」もラインナップしています。ノートが登場するまでは日産を支えるコンパクトモデルとして存在感があったマーチは、なぜ影が薄くなってしまったのでしょうか。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン