現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【今日は何の日?】ホンダ・NSXタイプT登場「着脱可能なルーフを装備したスーパーカー」 24年前の今日 1995年3月8日

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.8

【今日は何の日?】ホンダ・NSXタイプT登場「着脱可能なルーフを装備したスーパーカー」 24年前の今日 1995年3月8日

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初代NSXが登場したのは、バブル景気真っ盛りの1990年。それから5年後、バブルが弾けた日本での販売は不調だったが、そんなNSXに「プラスアルファ」の魅力が与えられたのがこのモデル。いまこのモデルが中古車として残っていたら、いったいどんな価格が付くのでしょうか。

ホンダ・NSXタイプTってどんなクルマ?
初代NSXは1990年9月14日に登場。『our dreams come true』のキャッチコピーが新鮮だった。

    路上駐車は必ず違反になってしまうのか。実はある“安全地帯”【くるま問答】

1995年3月8日に発表されたNSXタイプTはオープントップモデル。翌3月9日にベルノ店から発売された。軽量8.5kgのオールアルミ製ルーフの着脱は、左右のレバー操作だけの簡便なシステムで、取り外したルーフは、トランクルームなどのユーティリティやエクステリアを損なうことなくリアキャノピー内に納める新方式を採用した。

希望小売価格は960万7000円(東京・消費税含まず)。AT(Fマチック)は35万円高となる。電動パワーステアリングは40万円高。

同時にNSXもこの日、仕様を一部変更。オートマチックトランスミッションに、ステアリングコラム横にあるシフトスイッチを指先で操作するだけで、マニュアル感覚でのスポーティ走行が楽しめる「Fマチック」を新採用。

またF1マシンにも採用されていた、次世代の電動スロットル制御システム「DBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)」を搭載。さらに、DBWの採用によりTCS(トラクション・コントロール・システム)の機能に減速制御を追加した。


NSXタイプTが登場した1995年【平成7年】には何があった?
ニュース
●阪神・淡路大震災
●地下鉄サリン事件
●ゆりかもめ開業

ヒット曲
●LOVE LOVE LOVE Dreams Come True
●WOW WAR TONIGHT H Jangle with T
●HELLO 福山雅治
●Tomorrow never knows Mr.Children
●シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~ Mr.Children

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します