現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電気自動車のイメージが変わる? 航続距離が延びた日産「リーフ e+」の凄さとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.4

電気自動車のイメージが変わる? 航続距離が延びた日産「リーフ e+」の凄さとは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■航続距離が更に延びた「リーフ e+」

 電気自動車が登場した時から『1回の充電で、もっと長い距離が走れたら』というのは、常にユーザーが求め続けてきた「性能」でした。

    超売れっ子、日産「ノート e-POWER」の実燃費はいかに? 下りでは脅威の燃費値も!

 初代モデルが2010年に登場してから、常にその声に応え続けてきたと言えるのが日産「リーフ」です。航続距離を延ばすにはバッテリー容量を増やすことがてっとり早い解決策ですが、そうすると重量増やコスト増、充電時間が長くなるなど代償も大きくなってしまいます。

 初代「リーフ」は、バッテリー容量24kWhで、1回の充電あたりの航続距離が200km(JC08モード)でしたが、軽量化や制御変更などの改良も含めた進化を続けました。

 今回、加わった最新モデルの「リーフ e+」では、バッテリー容量が62kWhになり、JC08モードで570kmを達成。より実走行に近いデータとなるWLTCモードでも458kmと飛躍的に長くなったほか、加速性能や操縦安定性なども改良されたのです。

 見た目には、大きく変わった印象はありませんが、ブルーのリップスポイラーがチラ見えする、「e+」専用のフロントバンパーが最新「リーフ」の証で、充電ポートの蓋を開けると、急速充電ポートにも「e+」のロゴが追加されています。

 やはり大きく変わったのは中身の方ですが、バッテリー容量が55%もアップしたのに、室内はいっさい狭くならず収納スペースなどを犠牲にしていないのは、どんなカラクリがあるのでしょうか。

 パッケージングでは、最低地上高を15mm下げ、全高は5mmアップしています。そして革新的技術を投入したのが、バッテリーのモジュールです。

 モジュールとは、単電池を複数使用し、直列や並列で接続させて容量や電圧を調整したものを指し、従来は1モジュールが8セルのセットで構成され、モジュール同士の接続スペースにも数cmを要していました。

 それが「ユニバーサルスタック」と呼ぶ新型モジュールでは、自由にセル数を設定できるようになり、パックの形に合わせて好きな組み合わせが可能。スペースをフル活用した結果、搭載セル数が従来の192セルから288セルへと1.5倍にアップしたのです。

 バッテリー容量アップに伴い、延びたのは航続距離だけでなく、出力が45%アップの160kW、トルクが6%アップの340Nmへ。80km/hから120km/hの加速時間が13%短縮したほか、70km/hまで最大加速Gが継続するようになっています。これは、セルの3並列化により電流を大幅アップして、インバーターに供給できるようになったことも大きな要因といえます。

 実際の試乗では、もともとEVの特徴でもある発進加速性能の良さは相変わらずで、発進直後の印象こそあまり変わらなかったものの、そこから先の伸びやかさがしっかりと続いていく感覚に、『これは確かに違う』と感じます。

 ビュン!とスポーティな加速というよりは、より上質で余裕のある加速フィールが、長く続くようになった印象。ブレーキングでの車体全体がひとカタマリのまま止まってくれる安心感や、交差点での落ち着きある挙動もより際立つ感覚で、街中での運転にも上質感が高まったようです。

 さらに高速道路に入ると、連続するカーブや高速カーブ、ジャンクションの合流などで、ピタリと路面を捉えて走れる気持ち良さに感心。乗り心地にもやや重厚感が増し、段差を越える時などに少しバタバタしていた足まわりにも、懐の深さがアップしています。

■「eペダル」をONにすると、もう1台の「リーフ」が登場

 アクセルペダルのみで加速・減速が自在にできる「eペダル」をオンにすると、そこにスポーティさが顔を出して、まるでプレミアムスポーツカーを操っているような感覚です。

 とくに減速Gが、ここぞと意図した瞬間に使えるのは、慣れてくると面白さに変わります。これは、ペダルの踏み替えが減ってラクだというだけでなく、山道でちょっとキビキビと走りたい場面などに、『もう1台のリーフ』を瞬時に切り替えて楽しめます。

 実は、今回のバッテリー容量アップによって、やはり重量が増加した「リーフ e+」なのですが、それが必ずしもマイナス面ばかりではなかったと、開発者は語ります。

 もちろんサスペンションのチューニング変更や操舵特性も改良しているのですが、重心高が10mm低くなり、ねじり剛性が8%アップ。車体ロール角も0.4G旋回時で5%小さくなっているとのこと。

 従来から「リーフ」の走りの良さには定評がありましたが、ただパワーアップしただけでなく、全体的に従来からの良さを伸ばして熟成されているところが、「e+」の大きな魅力でもあると感じました。

 実用面では、充電性能がアップしたことが嬉しいところです。急速充電時に残量50%から30分間で入れられる電気量が40%増え、今後登場する70kWの高出力タイプにも対応。普通充電でも、従来の3kWだけでなく6kW充電に全車標準対応しており、約半分に時間短縮が可能となっています。

 新型「リーフ e+」は、航続距離が延びたことばかりが注目されがちですが、EVとして、いやクルマとしての魅力もしっかりと増量していました。

 軽快感が強くカジュアルな乗り味が好きな人は、従来の「リーフ」でもいいと思いますが、走りの質感や満足度を重視する人には「リーフ e+」をオススメします。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース まるも亜希子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • to7*****|2019/03/04 14:58

    違反報告

    私にはeペダルは無理。
    それにリーチのフォークリフトじゃないんだし、わざわざ他の自動車と違う動作をさせる必要はないんじゃないの?
    パドルシフトで擬似エンジンブレーキって形で回生効かせて減速とかってできないのかね。
  • hid*****|2019/03/04 15:50

    違反報告

    200V普通充電で16時間とか
    かかり過ぎやろ
  • mas*****|2019/03/04 15:51

    違反報告

    電気自動車には、肯定的ですが休日のサービスエリアの充電スポットの空きのなさ。ディーラーの充電スポットは、深夜までいつも使ったっている方がいる現実を見ると、買ったら絶対に後悔すると思います。充電スポット毎の稼働状況を公開するべきです。出来ないだろわな?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します