現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダがロードスター30周年記念車を日本初公開! レアな記念モデルを見るチャンスが来る!

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.1

マツダがロードスター30周年記念車を日本初公開! レアな記念モデルを見るチャンスが来る!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月5日(金)~7日(日)に千葉県の幕張メッセで開催される「オートモービルカウンシル2019」にて、マツダが先般シカゴオートショーで世界初公開されたロードスターの生誕30周年記念モデル「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を展示。また、これに合わせ1989年のシカゴオートショーに参考出品された「クラブレーサー」も同時に日本初公開する。

 「日本に自動車文化の創生を図ること」を目的とし2016年より開催されているオートモービルカウンシルに、「日本に自動車文化を育みたい」という共通の思いを持つマツダは継続的に出展をしている。
 4年目となる今回、マツダは出展テーマを「ロードスター ~30年の物語、そして今~」とし、初代のプロトタイプモデルや10周年記念車、20周年記念車のほか日本初公開となる2台を加え、貴重なロードスターを一挙6台展示する。
 イベント中はロードスターの開発者やデザイナーとマツダOBによるトークショーも開催予定。ロードスターファンだけでなく、幅広いクルマ好きに興味深いイベントとなりそうだ。

    【高機能バックカメラインプレ #4】 雨の日や逆光もよく見える? データシステム マルチVIEWカメラ MVC811 【CAR MONO図鑑】

ブース出展内容(予定)
ロードスター プロトタイプモデル:
1985年に制作し、米国カリフォルニア州にて試走評価を実施した車両。

ロードスター(初代モデル):
1989年式。当時新車で購入し、長年所有されていたオーナーから、2018年にマツダへ寄贈された車両。

ロードスター10周年記念車(二代目モデル):
1999年式。1.8ℓエンジ搭載車をベースに、専用の内外装と装備を採用。

ロードスター20周年記念車(三代目モデル):
2009年式。ソフトトップモデル及びパワーリトラクタブルハードトップモデルをベースに、専用の内外装と装備を採用。(会場ではソフトトップモデルのみを展示)


ロードスター30周年記念車(ソフトトップ車[日本初公開]):

ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデルを合わせて世界3000台限定で販売予定。専用装備のほか、レーシングオレンジのカラーを採用。

初代ロードスター(クラブレーサー):
1989年のシカゴオートショーで参考出品した初代ロードスターベースのコンセプトカー。ブライトイエローのカラーを採用。

■マツダ公式SNSサイト(日本国内)

■「マツダ ロードスター」30周年アニバーサリーサイト(日本国内)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します