現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジープ・コンパスの限定車「モハベ・サンド・エディション」が発売に

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.27

ジープ・コンパスの限定車「モハベ・サンド・エディション」が発売に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月26日、FCAジャパンはジープ・コンパスに100台の限定車「Mojave Sand Edition(モハベ・サンド・エディション)」を設定し、3月9日から全国のジープ正規販売店を通じて発売する。

アメリカ南西部の広大なモハベ砂漠をモチーフにした限定車
コンパスはジープ ブランドのコンパクトSUVだ。日本では2012年から発売され、現在のモデルは2016年にフルモデルチェンジされた2代目となる(日本には2017年に導入)。

    ゴールド免許のちょっと意外な取得条件。無事故・無違反の定義とはなにか?【くるま問答】

今回の限定車の名前「モハベ」とは、アメリカ南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州をまたぐ広大な砂漠「モハベ砂漠」に由来する。

そして、エクステリアカラーにコンパスとしては初採用となるベージュ系のMojave Sand C/C(モハベ・サンド・クリアコート)を採用した。ベースモデルであるロンジチュードの特徴的なブラックルーフとのコントラストと相まって、引き締まった印象を与えている。

インテリアについては、エクステリアカラーを基調とした、ベージュとブラックのツートーンの配色が上質な空間を演出している。

また、ベースモデル同様、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報やレーンセンス 車線逸脱警報プラス、パークセンス 縦列/並列パークアシスト、パークビュー リアバックアップカメラ、アダプティブクルーズコントロールなど、ドライバーを支援する数々の安全機能及び装備の充実が図られている。

車両価格(税込み)は369万円と、内外装に特別なカラーを採用しながらもベースモデルから据え置きされているのもうれしい。

コンパス モハベ・サンド・エディション 主要諸元
●全長×全幅×全高:4400×1810×1640mm
●ホイールベース:2635mm
●重量:1765kg
●エンジン型式・種類:B型・直4DOHC
●排気量:2359cc
●最高出力:175ps/6400rpm
●最大トルク:229Nm/3900rpm
●燃料・タンク容量:レギュラー・61L
●トランスミッション:6速AT
●タイヤサイズ:225/60R17
●車両価格(税込み):369万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します