現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 3ナンバー化したVW「ポロ」 スポーティさ満点の追加モデル「Rライン」の実力はいかに?

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.20

3ナンバー化したVW「ポロ」 スポーティさ満点の追加モデル「Rライン」の実力はいかに?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■VWのコンパクトカー「ポロ」にRラインが新登場

 輸入車は、全般的にボディが大きい。VW(フォルクスワーゲン)ゴルフは、輸入車でコンパクトな部類だが、それでも全幅は1800mmだからトヨタクラウンと同じ数値です。

    フォルクスワーゲン「ポロ」 新グレード「TSI R-Line」を追加

 日本におけるクルマの売れ方を見ると、新車販売全体の36%が軽自動車で、小型/普通車の販売上位も日産「ノート」、トヨタ「アクア」、トヨタ「シエンタ」といった5ナンバー車で占められます。

 輸入車では、趣味性が重視されるから、日本車のような実用重視の選ばれ方はしないですが、それでもコンパクトな車種を求めるユーザーは多く、そのような意味で注目されるのがVW「ポロ」なのです。

 同社「ゴルフ」をひとまわり小さくした感じの輸入車で、コンパクトでも『カワイイ路線』ではないです。面白みは乏しいですが、真面目な印象で、後席にも最小限度の居住性を確保したから実用的で、輸入車のコンパクト部門を死守しています。

 先代型までの「ポロ」は、標準グレードが5ナンバーサイズに収まっていましたが、2018年3月に登場した現行型は全幅が1750mmに拡大。「5ナンバーサイズの輸入車」という貴重な特徴を失った今でも輸入車では小さな部類に入ります。

 現行型は、2018年に約9か月間で1万台以上を販売して、1か月平均でも1000台を上まわるほど。グレード構成がワイドなゴルフの1か月平均/1776台には達しないですが、ポロの売れ行きも堅調です。

 そして「ポロ」は、2018年7月にスポーティなGTIを加え、2019年1月下旬に「TSI・Rライン」を追加発売。「ポロTSI・Rライン」は、新たに開発された直列4気筒1.5リッターターボを搭載します。

 EA211型という従来のシリーズに組み込まれますが、排出ガスを含めた環境/燃費性能が優れ動力性能も高く、さらに耐磨耗性を向上し、シリンダーにはプラズマコーティングを施しています。

 直噴式でコモンレール型燃料噴射装置を備え、負荷が軽い時には2気筒を休止して残りの2気筒だけを作動させる気筒休止機能も採用。サーマルマネジメントシステムも注目のひとつで、エンジンの暖機が完了するまで、クランクケースとエンジン内の冷却水を循環させず暖機時間が短縮され、エンジンの抵抗も抑えられるのです。

 VW「ゴルフTSIハイライン」などが搭載する1.4リッターターボは、気筒休止機能を備えることから、新たな1.5リッターターボはこの後継ともいえます。将来的には、1.5リッターターボがVWのベースエンジンになる見通し。例えば、プラグインハイブリッドのゴルフGTEが搭載するエンジンは、現時点では1.4リッターターボですが、今後は1.5リッターターボに置き換わります。

 1.5リッターターボの動力性能は、最高出力が150馬力(5000から6000回転)、最大トルクは25.5kg-m(1500から3500回転)。前述の1.4リッターターボが140馬力・25.5kg-mなので、同程度の性能と考えて良いです。

■「ポロTSI・Rライン」の実力はいかに?

 自然吸気のノーマルエンジンに当てはめると2.5リッターに匹敵する、エンジンの概要が分かったところで、「ポロTSI・Rライン」に試乗しました。

 まずはエンジン性能ですが、1300回転付近から過給効果が立ち上がります。1200回転以下では駆動力が低下しますが、この回転域は使用頻度も低いから使いにくさは感じません。1400回転でも十分な粘りがあり、ここから3500回転付近までの常用域が扱いやすいです。

 4500回転を超えた領域では吹き上がりが活発になり、Dレンジでフルにアクセルペダルを踏み込むと、6000回転を少し超えたところでシフトアップ。高回転域の吹き上がりは、「ゴルフTSIハイライン」の1.4リッターターボの方が機敏な印象もありますが、1.5リッターターボも十分にスポーティです。

 エンジンノイズはとくにに小さくないですが、動力性能に余裕がある4気筒のため、直列3気筒1リッターターボに比べると大幅に静かで、アクセルペダルを深く踏む機会も減り、洗練された印象を受けます。

 「ポロTSI・Rライン」は、スポーティなグレードに位置付けられ、サイドスカートやリヤスポイラーなど「TSI・Rライン」専用のエアロパーツを標準装着。タイヤサイズは「ポロGTI」と同じ17インチ(215/45R17)で、タイヤの銘柄は「コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5」です。

 乗り心地にバタバタした粗さはありませんが、市街地を時速50km以下で走ると硬く感じます。細かなデコボコを含めて、路面の状態を乗員に伝えやすく、17インチタイヤの装着も影響しました。

 「ポロTSI・Rライン」には、スポーツセレクト・シャシー付きスポーツパフォーマンスキットが標準装着され、ショックアブソーバーの減衰力をスポーツとノーマルに切り換えられます。

 ノーマルモードでも硬い印象で、スポーツになると突き上げ感がさらに強まった。ただし試乗車は、走行距離が短いので、現時点では足まわりの動きが渋い可能性もあります。

 走行安定性は高いうえ、プラットフォームの設計が新しく、先代ポロに比べると操舵に対する鈍さを抑えた感じ。小さな舵角から正確に反応するため、運転感覚が緻密で上質に感じられ、ドライバーの操作に忠実だから楽しいです。

 硬めの足まわりと17インチタイヤの相乗効果で、カーブを曲がる時のグリップ性能も高い。峠道などをスポーティに走っても、旋回軌跡を拡大させにくく、下り坂のカーブでは後輪が確実に接地して不安を感じさせず、余裕のある動力性能と相まって、スポーティな走りを満喫できます。

 VW「ポロ」には、従来から「TSIコンフォートライン」や「TSIハイライン」が搭載する直列3気筒1リッターターボ(最高出力は95馬力・最大トルクは17.9kg-m)と、GTIの直列4気筒2リッターターボ(200馬力・32.6kg-m)が用意されていました。先ごろ追加された「TSI・Rライン」は150馬力・25.5kg-mなので、両エンジンの中間に位置します。

 価格にも同様のことが当てはまり、「TSIハイライン」は267万9000円、「GTI」は348万円で、「TSI・Rライン」は中間の298万円。「TSI・Rライン」は「TSIハイライン」に比べて30万1000円高いです。

 しかし、先に述べた「TSI・Rライン」専用エアロパーツや足回りのほかに、空転したホイールにブレーキを作動させて駆動力の伝達を保つ電子制御式デファレンシャルロック(XDS)が装着されます。

 これら装備の総額は少なくとも20万円に達するから、残りの約10万円でエンジンが高性能化する計算が成り立ちます。つまり「TSI・Rライン」は意外に買い得なグレードなのです。

 また、ゴルフに直列4気筒1.2リッターターボを搭載して安全装備を充実させた「TSIコンフォートラインテックエディション」が、ほぼ同額の302万9000円で用意されます。

「ポロTSI・Rライン」に比べて動力性能とスポーティ感覚は低下しますが、窮屈な後席がゴルフでは快適になり、乗り心地も向上。ボディサイズが許すなら、この2車種を比べて検討するのも良く、こういった多角的な選び方や買い方ができることもVWの特徴だといえます。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 渡辺陽一郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します