現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 小型SUVが衝撃イメチェン! 20インチホイール+40mmローダウンの三菱エクリプス クロス【大阪オートメッセ2019】

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.12

小型SUVが衝撃イメチェン! 20インチホイール+40mmローダウンの三菱エクリプス クロス【大阪オートメッセ2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツウェア風の見た目でSUVの新たな楽しみ方を提案

 チタニウムグレーメタリックとブラックマイカの特徴的な2トーンボディをベースに、ストライプ模様のグラフィックとビビッドなイエローアクセントで、スポーツウェアのようなコーディネーションを目指したというのは、大阪オートメッセ2019の三菱ブースに展示されていたカスタムカー、「エクリプス クロス STREET SPORT」。

    売れ筋の小型SUVでも三菱4年ぶりの新型車「エクリプス クロス」が苦戦するワケ

 試作のドレスアップパーツとして、フロントコーナー・サイド・リアコーナーエクステンションにアクセントのイエローを配した「エクステンションパッケージ」と、前後のバンパーガーニッシュ=「バンパーガーニッシュパッケージ」を参考装着。オーバーフェンダー風の専用フェンダーリップモールも特徴的。

 HKSのハイパーMAXダンパー(車高調)を使って、約40ミリほどローダウンし、タイヤホイールには、レイズ製の20インチホイール「HOMURA」と「ADVAN SPORT V105」(245/40 ZR20)を組み合わせ、トータルで、街中でも映える、ファッショナブルでスポーティなカスタムカーのモデルケースとして、エクリプス クロスの魅力をアピールしている。

 HKSのリーガマックスマフラーは3月登場!

 エクリプス クロスにはもう一台、白の「純正用品提案車」というデモカーもあった。こちらは販売中の三菱純正オプションパーツにプラスして、今後発売を検討しているアイテムも参考装着。

 具体的には、ダイナミックシールドにもイルミネーションをあしらったり、フロントコーナー・イルミネイテッドサイド・リヤコーナーエクステンションをクリア塗装。

 ホイールは、三菱純正の輸出仕様のオプションホイールを流用。このホイールに関しては、オートメッセでのユーザーの反響次第では、国内への導入の可能性もあるという。

 そしてこの18インチホイールに組み合わせられたのは、「ADVAN db V552」(225/55-18)。サスペンションもHKSのハイパーMAX S-style Cをチョイスして、車高も30ミリほど落としてある。マフラーも、今年3月発売の新しいHKSのLEGAMAX Premiumを装着。

 メーカーがデモカーとして、積極的にカスタムカーを展示してくれることで、エクリプス クロスの魅力の幅が一段と広まってきた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します