現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダアクセス「Modulo Neo Classic Racer」を東京オートサロンに出展 イメージソースは1960年代のレースカー

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.12

ホンダアクセス「Modulo Neo Classic Racer」を東京オートサロンに出展 イメージソースは1960年代のレースカー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■イメージソースは1960年代のレースカー

 ホンダアクセスは、2019年1月11日より開催されている東京オートサロンで「楽しみ上手な家族の家」をコンセプトにしたブースと、“Hondaのある生活”を楽しむライフスタイルを表現した5台のコンセプトカーを発表しました。

    ダイハツ、軽スポーツカー「コペン クーペ」を200台限定発売

 その中の一台である「モデューロ ネオクラシック レーサー」は、2018年に販売された「S660 Neo Classic」をベースにしたもので、オーバーフェンダーやリムの深いホイール、フェンダーミラーを採用することで、クラシカルな姿へと仕上げられた一台です。

 この車両の製作についてモデューロスタッフに話を聞くと、『モデューロ ネオクラシック レーサー』のデザインについては、「性能的に必要な要件に合わせただけ」とのこと。

 また、「モデューロ ネオクラシック レーサー」をデザインするうえでイメージしたのが1960年代のレースカーらしく、「この時代のクルマは機能が良いだけではなく気品も感じるので、そこが『モデューロ ネオクラシック レーサー』の世界観に合うのです」といいます。

「『S660 Neo Classic』というクルマは、オートサロンで披露してオートサロンに来た方に支持していただいたおかげで商品化されたものです。応援していただいた皆さんに見てもらいたい! という想いが詰まった車です」と、その完成度の高さを実際にオートサロン会場で見てもらいたいとのことでした。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します