現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「X-ADV」は時代を先取る大人向け2輪版SUV これを選ぶ人は“ツウ”だね

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.10

ホンダ「X-ADV」は時代を先取る大人向け2輪版SUV これを選ぶ人は“ツウ”だね

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■大柄なライポジで、長距離もゆったり走れる

 道を選ばないデュアルパーパスは、これまでも数多く登場してきましたが、ホンダ「X-ADV」はスクーターのような車体構成で、それを実現していますから興味深いところです。もちろんスクーターにもオフロードの匂いのするモデルはいくつか存在しましたが、750ccもの排気量を持ち足まわりも本格的。デザインも近未来的で、新感覚にあふれるチャレンジングな1台と言えるでしょう。

    ホンダ「CB1000R」は、コーナーが待ちきれない! 操作する楽しさがこの1台に凝縮

 四輪車でたとえるなら、“SUV”ってことになるのかもしれません。アクティブな走りを予感させるスタイルで、高級感も持ち合わせています。そして、クラッチレバーを排して操作をイージーにしましたが、自動変速だけでなくマニュアルモードも楽しめるのです。最新式ではトラクションコントロールも搭載し、さらに熟成・進化しました。

 フロアトンネルを跨ぐライディングポジションはスクーター然としたもので、足もとはかなりゆったりとしています。身長175cmの筆者の場合、膝を曲げてステップボード手前に足を置いて乗るとジャストフィットしますが、両足を前に投げ出して、クルーザーのような乗車姿勢も可能です。

 ただし知らぬ間にシートの着座位置が前にずれていますから、前方に足を置くにはもっと足が長くなければなりません。長距離を走るときにずっと同じ姿勢で走り続けるのは疲れるので、こうして足を置く場所を変えられるのはありがたいかぎりです。

 真四角の液晶パネルはラリーマシンをイメージしたもので、表示されるのは速度をはじめ、6500rpmからレッドゾーンであることを示すエンジン回転計、シフトインジケーター、トルクコントロールのレベル、グリップヒーターレベル、外気温、年月日、時間と情報満載となっています。スマートキーも採用され、先進的で利便性にも長けていると言っていいでしょう。

■気分や状況に合わせて、操作モードを細かく選べる

 まずはATモードで走りますが、力強く加速し、さすがはナナハンと気が引き締まります。自動的にシフトアップ&ダウンされていき、お手本のような走りです。

 ダッシュにダイレクト感があり、変速時の繋がりが滑らかなのは、マニュアルトランスミッションの構造をそのままにクラッチ操作を不要とした「デュアルクラッチトランスミッション(DCT)」のおかげ。通常のトランスミッションなら、駆動力の途切れが変速時に発生してしまいますが、2つのクラッチを装備(デュアルクラッチ化)し、これを解消しています。

 2つのクラッチは1-3-5速の奇数段用と2速-4速-6速の偶数段用で構成され、奇数ギヤはインナーメインシャフトで、偶数ギヤはアウターメインシャフトで繋がり、それぞれ交互に使用していくのです。たとえば2速に入っているときは、隣り合わせになる1速と3速ギヤの回転数を合わせてあらかじめ準備しておけるので、タイムラグなくスムーズな変速が可能となっています。

「X-ADV」では、ATモードに標準的な走りをする「Dモード」と、よりパワフルな「Sモード」があり、追い越し時や登板時などより駆動力が必要なときに「Sモード」が重宝します。これも凝っていて、3段階のレベルが選べるという充実ぶり。エキサイティングに走るには、高回転を多用するのは「S-3」がオススメです。

 ATモードであっても、ハンドル左のシフトアップスイッチ(+)とシフトダウンスイッチ(?)でギヤポジションを一時的に変更でき、アグレシッブなスポーツライディングが楽しめます。カーブの手前でエンジンブレーキを効かせたいときなどにギヤを落とせるので、かなり役立ちました。グリップを握りながらシフトアップは人差し指で、ダウンは親指でできます。

 さらにMTモードもありますが、ATモードのままでもギヤチェンジは自在ですので、とくに出番はありませんでした。クレバーなATモードに頼りつつ、必要に応じてシフトチェンジできるので、これで不満はないのです。

■充実の装備内容など、知るほどに素晴らしいと感じる!!

 車体は高速走行でもしっかりとした剛性感があり、可動するウインドシールドを上げれば防風効果もしっかり感じられました。ETC車載器をはじめ、5段階に温度設定できるグリップヒーターやシート下のトランクに12Vのアクセサリーソケットも標準装備するという、まさに至れり尽くせりの内容。

 シティユースをメインに、休日には遠出も楽しめ、さらに未舗装路へと入っていけるなんて、ワクワクしてくるではありませんか。しかも、どのステージでもリラックスでき、まさに大人向け。これを選ぶ人、かなりのツウだと思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト))

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • uta*****|2019/01/10 09:13

    違反報告

    ユニットスイングではないビッグスクーター
    T-MAXのライバル
    長距離ツーリングなら楽かもね
    ヤマハのビッグスクーターはフロント二輪のモデルが増えるだろうし
    気取らない長距離ツーリングなら楽でいいかもね
    新しいバイク文化は歓迎です
  • txw*****|2019/01/10 10:16

    違反報告

    二輪産業が衰退している昨今

    新たな目線で各メーカーさん頑張ってほしいです

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します