現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ロードスターもRX-8も集合! あなたのマツダ車を思い切り走らせるいい機会? マツダファン・サーキットトライアル2019のカレンダーが発表

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.8

ロードスターもRX-8も集合! あなたのマツダ車を思い切り走らせるいい機会? マツダファン・サーキットトライアル2019のカレンダーが発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダが2003年以来、全国のサーキットで実施しているイベント、「マツダファン・サーキットトライアル」の2019年開催カレンダーが発表された。走り好きのマツダファンは地元サーキットの開催に注目してみよう。

 マツダファン・サーキットトライアルはサーキットでのタイムトライアルイベント。レース形式ではなく、15~20分の規定時間内のベストラップを競うグラスルーツサーキット競技だ。参加可能車両はナンバー付きのマツダ車で、ドライバーはJAF発行のB級ライセンスが必要となる。
 
 1戦ごとの賞典に加えて、シリーズポイントを積み上げたランキング上位にはシリーズ賞典も用意されるという。全国のサーキットで開催されるから土日の旅行がてら、という楽しみ方もあるかもしれない。もちろんクラッシュせずに自走で帰ることを心がけよう。全6戦は下記のとおりだが今年からツインリンクもてぎも追加されたことにも注目だ。

    2018年、ボルボの世界販売台数が初めて60万台を突破! 立役者はXC60、XC90、そしてXC40

■2019年度カレンダー
全国6会場で6戦を開催
2ヒート制 1本目15分 2本目20分

第1戦(宮城ラウンド) 4月13日(土) スポーツランドSUGO
第2戦(栃木ラウンド) 7月7日(日) ツインリンクもてぎ
第3戦(大分ラウンド) 7月20日(土) オートポリス
第4戦(茨城ラウンド) 9月7日(土) 筑波サーキット
第5戦(静岡ラウンド) 9月23日(月/祝) 富士スピードウェイ
第6戦(岡山ラウンド) 11月23日(土) 岡山国際サーキット

■参加料
NORMAL、TUNEDクラス:2万円(税込)
クローズドクラス:1万8000円(税込)

■クラス分け
車種別(17クラス)、改造範囲別(2クラス)の組み合わせによって、合計35クラスに区分

デミオD(DJ系以降のデミオのディーゼル車)
デミオG(DJ系以降のデミオのガソリン車)
デミオ&ベリーサ・クラシック(上記以前のデミオ&ベリーサ)
アクセラD(BM系以降のアクセラのディーゼル車)
アクセラG(BM/BY系以降のアクセラのガソリン車)
アクセラ・クラシック(上記以前のアクセラ)
アテンザD(GJ系以降のアテンザのディーゼル車)
アテンザG(GJ系以降のアテンザのガソリン車)
アテンザ・クラシック(上記以前のアテンザ)
マツダスピードアクセラ
ロードスター(ND系以降のロードスター)
ロードスター・クラシック2000(NC系ロードスター)
ロードスター・クラシック(上記以前のロードスター)
RX-8
オープン・レシプロ
オープン・レシプロ1250
オープン・ロータリー
クローズド(改造範囲区分無し)(ライセンス無し/賞典外)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します