現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 売れ筋の小型SUVでも三菱4年ぶりの新型車「エクリプス クロス」が苦戦するワケ

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.1

売れ筋の小型SUVでも三菱4年ぶりの新型車「エクリプス クロス」が苦戦するワケ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過去の不祥事の影響が少なからず残っている

 エクリプス クロスが正式発売となったのは2018年3月1日。2016年に発覚した燃費不正問題以降初となる、三菱自動車の新規投入車となったことでも話題となった。

    人気のSUVなのに売れない……だからこそ個性が主張できる魅力のSUV3選

 自販連(日本自動車販売協会連合会)によると、エクリプス クロスの2018事業年度締め上半期(2018年4月から9月)の販売台数は5171台となり、月販平均台数約861台となっている。三菱自動車が3月1日に発信したニュースリリースによると、月販目標台数は1000台となっているので、2018事業年度締め上半期には1回も月販目標台数をクリアすえることはできなかった。自販連統計で発売月だった3月の販売台数が4996台と幸先のよいスタートだったので、そこからの急落ぶりというのも際立って見えてしまう。

 このような販売統計の動きを見て判断できるのが、3月にそれまで予約受注してためていたバックオーダーを一気に掃き出してからの新規受注が伸び悩んだことを物語っていると判断できる。2018年度グッドデザイン賞受賞、2019年次RJCカーオブザイヤー受賞、平成30年度自動車アセスメントの衝突安全性能評価において最高評価となる5スターを受賞と、2018年度後半には、エクリプス クロスに関するトピックも目立ったが、これらが今後の販売促進に与える効果は残念ながら限定的なものと考えられる。

 エクリプス クロスに対しては、自動車メディアなどでもおおむね好評価となっている。筆者も実際にステアリングを握ってみたが、その印象はかなり良いものであった。それではなぜ、エクリプス クロスは販売状況がいまひとつとなっているのだろうか?

 それはやはり度重なるメーカーである三菱自動車に関するスキャンダルが影響していることは否定できないだろう。

 2016年の燃費不正だけでなく、過去に2度のリコール隠しも発覚している。このような状況下では、すでに三菱車のユーザーであるならば、応援もかねてそれほど違和感なく乗っていた三菱車から代替えしてもらえるケースも目立つが、三菱車以外のクルマのユーザーがエクリプス クロスと同クラスのSUVの購入を検討したときに、購入候補から「三菱はなあ」と候補から外されてしまうケースが目立っているとも聞いている。

 つまり自銘柄(三菱車)ユーザーの代替え促進はそれなりに受注につながっているのだが、他銘柄(三菱以外のメーカー車)ユーザーは、どうしてもメーカーのスキャンダルを連想し、購入候補にすらならないという状況が続いているのである。度重なるスキャンダルによって販売現場の弱体化が進んでいるのも影響しているようだ。

 素直にいいクルマを作り続けることが信頼回復の近道

「いいクルマなら良く売れるというわけではない」とは、新車販売現場でよくいわれること。新車購入を検討しているひとは単純にクルマの良し悪しだけでなく、購入後のメンテナンスなどの利便性を考えたディーラー店舗の立地、担当セールスマンの人柄など、さまざまな角度から購入車種を絞り込んでいる。

 そのなかで、メーカーのスキャンダル、しかもそれが度重なっていれば、「そういえば」と思い浮かべやすい。庶民にとってみれば新車購入は非常に高額な買い物となるので、限りなくネガティブなものを排除したいという気持ちは当たり前といえば当たり前の行動ともいえる。

 トヨタC-HR、スバルXV、ホンダ・ヴェゼルなど、同クラスには人気車種も多いので、その意味でもエクリプス クロスが外されやすい環境となっていることもあるようだ。

 これは三菱、ましてや日本に限った話ではない。2009年から10年にかけてアメリカにおいてトヨタは複数車種にわたる大規模なリコールを実施した。この時アメリカ在住で現地の新車販売に詳しい知人は、「トヨタ以外のメーカー車に乗っているひとが新車購入を検討するとき、『とりあえずトヨタ車ははずそう』という動きが目立っている」と話してくれた。リコールは問題箇所を改善してくれるということで、アメリカではそれをネガティブに捉えるひとは日本に比べて少ないとのことだったが、それでも「とりあえずはずそう」という動きが目立ったとのこと。

 いまカルロス・ゴーン氏の逮捕が世間を賑わせているが、このスキャンダルはメーカーや、ましてクルマそのものへ直接かかる問題ではないので、いまのところ目立って大きな悪影響はないとのことであるが、長期化すれば今後どうなるのかは未知数ともいえよう。

 いまビッグマイナーチェンジ予定のデリカD:5の予約受注を行っている。デリカD:5については、すでに多数の既納客がいるし、その前身ともいえるデリカスペースギアのユーザーもまだまだ多いので、デリカ系から新型デリカD:5への代替えがエクリプス クロスの比ではなく期待できる。他銘柄からの代替えについては、ライバルといえるのはカテゴリーが異なるマツダCX-8ぐらいと、“オンリーワン”的なキャラクターでもあるので、期待は持てるものの、楽観視はけっしてできない状況であるのは変わりないといえよう。

 エクリプス クロスの市場投入とその反応は、販売台数を見れば苦戦傾向も目立つが、信頼回復の第一歩としては十分意義のあるものだったといえよう。今後もエクリプス クロスのような“素性の良いクルマ”をコンスタントにリリースしていき、そこを突破口にして他銘柄ユーザーも店頭により多く集客し、店頭でしっかりと来店客の心をつかめる接客やサービスができれば、信頼回復もそれほど時間はかからないのではなかろうか? ただ、“良いクルマを出せばそれだけで売れる”という過信だけはくれぐれもしないようにしてほしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 小林敦志)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します