現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > RX-7復活!? 2020年登場か? マツダのFRクーペは、やはり「RX-7」か。それとも「RX-VISION」か。

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.25

RX-7復活!? 2020年登場か? マツダのFRクーペは、やはり「RX-7」か。それとも「RX-VISION」か。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルでブランディングを強化しているマツダ。モデル名もグローバルで統一する。アクセラは、マツダ3(Mazda3)になり、アテンザは、おそらくマツダ6(Mazda6)になるだろう。となると、気になるのは、2020年に登場が噂されているスポーツクーペのモデル名だ。どうなるだろうか? 新生スープラの登場も“あの名前”の復活を後押しするかしれない。

 現在のマツダのラインアップでグローバルで展開しているのは、
Mazda2(デミオ)
Mazda3(アクセラ)
Mazda 6(アテンザ)
CX-3
CX-5
CX-8
MX-5(ロードスター)

    モデルサイクル末期(F30型)を狙うか、モデルチェンジ(G20型)を待つか。BMW 3シリーズの場合は?


である。
これ以外に
CX-4(中国向け)
CX-9(北米向け)
が存在する(OEM供給を受けているモデルは除く)。


 ここで想像するまでもなく、空いているのは
Mazda1
Mazda4
Mazda5
Mazda7

CX-1
CX-2
CX-6
CX-7

ということになる。
CX-7は、以前ラインアップされていた。
RX-7/RX-8もそうだ。
MX-6というモデルもかつて存在していた。


 妄想しているだけではいけないので、「UNITED STATES PATENT AND TRADEMARK OFFICE」で、北米でマツダがどんなモデル名を登録しているか、調べてみよう。

MAZDA 1(DEAD)
MAZDA 2(DEAD)
MAZDA 3
MAZDA 4(DEAD)
MAZDA 5
MAZDA 6(DEAD)
MAZDA 7(DEAD)
MAZDA 8(DEAD)
MAZDA 9(DEAD)

MAZDA MX-5
MAZDA MX-6(DEAD)

Mazda CX-3
Mazda CX-5
Mazda CX-7(DEAD)
Mazda CX-9

MAZDA RX-VISION
MAZDA RX-1(DEAD)
MAZDA RX-2(DEAD)
MAZDA RX-3(DEAD)
MAZDA RX-4(DEAD)
MAZDA RX-5(DEAD)
MAZDA RX-6(DEAD)
MAZDA RX-7
MAZDA RX-8(DEAD)
MAZDA RX-9(DEAD)


「DEAD」とあるのは「商標出願は登録されたが、それ以降はキャンセルまたは無効化され、レジストリから削除された」状態である。

 整理すると、いま北米の商標登録で「LIVE」となっていて、商品化されていないのは次のモデルだ。
MAZDA RX-VISION
MAZDA RX-7

 つまり、2018年末に妄想を膨らませると、次期ロータリー搭載のクーペモデルの名称は
MAZDA RX-VISION
MAZDA RX-7
 のどちらか、ということになる。
 もちろん、これから商標登録される場合もあるし、DEADをLIVEにすることも可能かもしれないが、現在の状況を考えると「RX-7復活!」を予想しておこう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します