現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スズキ・ジムニー/ジムニーシエラのラゲッジルームを徹底検証】使い勝手チェック〈SUZUKI JIMNY〉

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.24

【スズキ・ジムニー/ジムニーシエラのラゲッジルームを徹底検証】使い勝手チェック〈SUZUKI JIMNY〉

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の話題をかっさらった感のあるスズキ・ジムニー。依然として膨大なバックオーダーを抱えており、納車を心待ちにしている人も少なくないだろう。というわけで今回は、ラゲッジルームの使い勝手を徹底検証。来たる納車に備えよう!

容量拡大+フラット化で使いやすさが大幅向上

    年明けのCESではBMWの新しいインテリアコンセプトに注目だ!

後席使用時は容量352ℓのミニマムサイズだが、背もたれのリクライニングを立てれば機内持ち込みのキャスター付きバッグなどは積載可能。ジムニー「XG」以外は後席の裏側まで樹脂素材としているから、汚れや傷に強く、汚れても水拭きで掃除できるのがハードユーザーにはうれしい設計。

シートの後ろにラゲッジボックスを設置したねらいは、後席格納時の床面をフラットにするため。ホイールハウスとの段差も少なくなる。横幅は最大1300mmもありゴルフバッグを横積みできるのは立派だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します