現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【イベント】ホンダジェット、ファーストデリバリーのセレモニーを開催!

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.20

【イベント】ホンダジェット、ファーストデリバリーのセレモニーを開催!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月20日、ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(以下、HACI)は、日本における「HondaJet Elite(ホンダジェット エリート)」初号機の引き渡し式を羽田空港内で開催した。

ホンダジェット 初号機は共同オーナーで所有
ホンダジェットは、ホンダが開発した小型ビジネスジェット機だ。既に欧米や東南アジア、中国、インドなどで販売され、世界中で100機以上が飛んでいる。2017年に続き、2018年上半期も、世界で最も売れている小型ジェット機がホンダジェットだった。

    大坂なおみスペシャルの日産GT-R特別仕様車の予約受付を開始!

さて、セレモニーは国土交通省の蝦名航空局長からHACIの藤野社長に型式証明書が授与され、藤野社長からは記念の写真入り額が贈呈された。

続いて藤野社長のあいさつのあと、初号機のオーナーとなった千葉功太郎氏が紹介され、購入記念の模型と実機のキーが渡された。

千葉氏はドローンファンドの代表パートナーも務める投資家・実業家。実機を前に、ホンダジェットのTV CMを見て購入を決めたこと、実際に乗ってみてのホンダジェットの素晴らしさ、そして誰もがクルマで走るように日本の空を飛行機で自由に飛べるような社会を目指したい、と熱く語った。

そのため、ホンダジェット初号機は千葉氏だけでなくホリエモンこと堀江貴文氏や慶應イノベーション・イニシアティブの山岸広太郎氏らによる共同所有となっている。(タイトル写真参照)

ホンダジェット エリートはホンダジェットの発展モデル。主翼上面のエンジン配置(Over-The-Wing Engine Mount)形態や自然層流翼型、自然層流ノーズ、一体成型複合材胴体など、ホンダ独自開発の技術で生まれた。

全長12.99m×全幅12.12m×全高4.54m、座席数は7席で、乗員はパイロットが1ないし2名、乗客は4ないし5名。

GEホンダ製のターボファンエンジンを2基備え、最大巡航速度は782km/h、最大有視界航続距離は2661km。ちなみに価格は525万ドル(約6億円)とされている。

[ アルバム : ホンダジェット はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します