現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【コレ何?】このクルマ、いったいなんだか、知っていますか? その10

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.19

【コレ何?】このクルマ、いったいなんだか、知っていますか? その10

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりの「コレ何?」。今回は、某コレクションで見つけた、小さなクルマ。戦時中の小型車のようだけど、どこの国の、なんていうクルマ?

日本に(おそらく)2台しか存在しない、超希少車!?
ちょっとクラシカルなスタイルの、カブリオレモデル。ボディカラーからして軍用車みたいだけれど、アメリカのジープとは違うし、生産国はわからない。このクルマ、なんていう名前?

    “日産 GT-R 50”、これがGT-Rの最終形なのだろうか!?

このクルマの名前は「九五式小型乗用車」。通称は「くろがね四起」。第二次大戦中、日本陸軍の偵察・連絡用の小型自動車として使われた日本のクルマだ。しかも、日本初の国産実用四輪駆動車だった。

現在の日産工機の前身である日本内燃機(のちの東急くろがね工業)が、1935年から44年まで生産した。全長3.55×全幅1.55×全高1.70mと、現代の軽自動車よりひとまわり大きいくらいのサイズ。車重は1.06トン。

搭載されるエンジンは何種類かあったようだが、撮影車は33psを発生する1.4Lの空冷V型2気筒OHVを搭載。前述のように四輪駆動を採用していた。乗車定員も2/3/4名が設定されていたようだが、撮影車は前2・後1の3名乗りだった。

くろがね四起は終戦までに4700台あまりが生産されたが、ほとんどが処分され、海外に2台、日本では石川県小松市の日本自動車博物館に1台が現存しているのみだった。だが、静岡のNPO法人「防衛技術博物館を創る会」が京都にあった1台を発見し、レストアしたものがこのクルマ。したがって、このクルマは自走が可能だ。

アメリカでウイリス ジープの開発が始まる5年以上も前に、こんな小型四輪駆動車を生産していたなんて、やっぱり日本の自動車産業の技術力ってたいしたもの、と改めて感じさせてくれる1台だ。

ジムニーあたりをベースにして、このクルマにカスタマイズするキットとか作って売り出したら、けっこう人気を呼びそうだけれど…?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bla*****|2018/12/19 08:21

    違反報告

    アメリカ ウィリスMB Jeep 約37万台製造 1942-45
    ドイツ キューベルヴァーゲン 約5万3千台製造 戦時

    日本 くろがね四起 4700台 戦時含めて全部…。

    これが当時の国力と陸戦機動力を端的に表している。
  • cam*****|2018/12/19 09:07

    違反報告

    このくろがね四起を開発した日本内燃機というメーカーが、今は日産の傘下に入って日産工機という名前になっている。

    グループAで無敗だったBNR32スカイラインGT-Rワークス車(カルソニックとリーボック)のエンジンを組んでいたのは、この日産工機。
  • fus*****|2018/12/19 09:20

    違反報告

    一方アメリカは週刊空母を建造しつつ車もバンバン作っていた。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します