現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 一度は乗ってみたい。運転してみたい。超高級車の世界:ロールス・ロイス ファントムの室内とラゲッジスペース

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.16

一度は乗ってみたい。運転してみたい。超高級車の世界:ロールス・ロイス ファントムの室内とラゲッジスペース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロールス・ロイスといえば、泣く子も黙る超高級車。1世紀に迫る歴史のなかでドライバーズカーとして誂えられたクーペやオープンカーも存在するが、その本流は、やはりショーファードリブンカー。今回はその代表モデルであるファントムの室内とラゲッジスペースを見てみよう。

 全長5990mm、全幅2020mmという、我々が普段運転するクルマと比較にならないほど堂々とした体躯を誇るロールス・ロイス ファントム。ホイールベースは3770mm。軽自動車が楽々そのホイールベース内に入ってしまう大きさだ。
 もちろん、大きいだけではない。すべてが超高級な室内も、一度は覗いてみたいところだ。

    アウディQ2か、プジョー2008か、ルノー・キャプチャーか、フィアット500Xか? 300万円で買える魅力的なSUVは? 輸入車編

全長×全幅×全高:5990×2020×1645mm ホイールベース:3770mm ミラーtoミラー:2150mm

ロールス・ロイス ファントム
全長×全幅×全高:5990×2020×1645mm
ホイールベース:3770mm
車重:2750kg
エンジン:V型12気筒DOHCツインターボ
排気量:6750cc
最高出力:420kW(571ps)/5000rpm
最大トルク:900Nm(91.8kgm)/1700rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:FR
最小回転半径:-
JC08モード燃費:-
車両本体価格:6540万円

大きめのオーバーハングゆえ余裕がある。中央にはシャンパンクーラーの張り出しが見えるが、その位置でも1110mmの奥行きとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します