現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ・カーズが車両を1台も展示しない画期的なブース展開を表明!

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.21

ボルボ・カーズが車両を1台も展示しない画期的なブース展開を表明!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月26~29日にロサンゼルスで開催されるオートモビリティLA」にてボルボ・カーズはクルマを展示しないブース展開を行うと発表した。一体これはどういうことなのだろうか!?

 11月26~29日にロサンゼルスで開催される「オートモビリティLA」。なんと本ショーにてボルボは世界で初めて自らのブースに1台の車両も展示しないという。

    グレッグ・ケリー【Greg Kelly】日産自動車株式会社 代表取締役のプロフィール【Nissan】

 その代りにコンセプトカー、Volvo360c conceptで示した自動運転のビジョンやボルボのサブスクリプションサービスである「Care by Volvo」など、さまざまなコネクティビティサービスに関するインタラクティブな展示物を多く展示するという。



 ボルボ・カーズ企業戦略担当上級副社長のマーテン・レーヴェンタム氏は「主催者はこのショーを『オートモビリティLA』と呼ぶことで自動車業界における変革をすでに認識していることでしょう。私たちは主催者のこの名前の変更に対する思いを理解しており、自動車の未来について対話を始めたいと考えています。ですから、コンセプトカーを持ってくる代わりに自動車のコンセプトについてお話しします。今年、ボルボが『カー・オブ・ザ・ショー』を受賞することはないでしょうが、それでも、問題ありません。なぜなら、もはやこのショーはモーターショーではないからです」と語っている。

 2020年代中盤を目安に1年間に販売する車両の半分を完全な電気自動車に、また3分の1を自動運転車にすることを目指しているボルボ。まさに彼ららしい展示だといえる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します