現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【カーナビ歴史探訪】車種専用大画面ナビという新ジャンルを確立 アルパイン ビッグX VIE-X088 【CAR MONO図鑑】

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.2

【カーナビ歴史探訪】車種専用大画面ナビという新ジャンルを確立 アルパイン ビッグX VIE-X088 【CAR MONO図鑑】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高い人気を誇るアルパインのビッグXシリーズだが、その歴史は2010年から始まった。「美しく装着できる車種専用大画面ナビ」のコンセプトは今でも受け継がれている。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

7型よりも1.43倍大きな8型大画面を実現

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 アルパインのAV一体型ナビ・ビッグXシリーズはその名前からイメージできるように大画面が魅力。現在では11型までラインアップしているが、初代モデルは8型からスタートした。

 アルパインでは他社と同様に2DINサイズの一般的なAV一体型ナビをリリースしていたのだが、2010年のモデルチェンジで突如として8型ディスプレイ搭載の「ビッグX VIE-X088(オープン価格)」を発表。規格サイズである2DINでは物理的に7型ディスプレイを納めるのが限界だが、独自サイズボディを設定することで8型ディスプレイの内蔵を実現した。もちろん、それでは取り付けられないので、自然な装着感を生み出す車種専用の取り付けキット「パーフェクトキット(別売:当時価格1万4700円~)」も同時に開発された。


 しかも見た目だけでなく機能面にも車種専用を取り入れ、純正ステアリングリモコンによるコントロールができたり、装着車に合わせた音響データなども搭載していた。

 ちなみに当時の適合車種はプリウス、アルファード/ヴェルファイア、エスティマ、ノア/ヴォクシー、インサイトなど全部で11モデルとなっており、順次ラインアップが拡大されていった。

 ビッグXシリーズはこの後、2012年には9型、2014年には10型、2016年には11型とディスプレイサイズを拡大していき、本体+取り付けキットという装着スタイルではなく、ナビとセンタークラスターを一体化したスタイルをメインとしてフィット感も格段に向上。車種専用機能についてもバックカメラガイド線&バックドアガイド線表示、地デジアンテナ位置設定、専用オープニング画面などが追加されていった。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 浜先秀彰)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します