現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型クラウンはアスリート・マジェスタ・ロイヤル廃止! ハイブリッドの特徴から中古車価格までを紹介

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.1

新型クラウンはアスリート・マジェスタ・ロイヤル廃止! ハイブリッドの特徴から中古車価格までを紹介

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■新型「クラウン」は1ヶ月で約3万台も

 トヨタは、新型「クラウン」を2018年6月26日に発売。新型「クラウン」は、先代モデルまであったロイヤル/アスリート/マジェスタの3種類を廃止し、標準仕様とRS仕様の2種類にグレードが集約されました。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 トヨタ 「クラウン」の歴史は古く、1955年の初代セダンモデル誕生から今回のフルモデルチェンジで15代目となります。日本国内ではセダンモデルの不人気は続いていますが、クラウンは別格のようで、発売1ヶ月後の受注台数は約3万台と月販計画(4500台)の約7倍となる驚きの販売台数となっています。

 標準仕様とRS仕様のパワートレインは、2リッターガソリンエンジン、2.5リッターガソリンエンジン+モーター、3.5リッターガソリンエンジン+モーターの3種類展開で、グレードにより2WD/4WDを選択できます。

 また、2.5リッター+モーターを搭載したハイブリッド仕様は、予約受注の80%を占めた売れ筋グレードで、カタログ燃費(WLTCモード)は、18.2km/Lから 20.0km/Lを誇ります。

 実際に試乗したユーザーは、「エンジン音はプリウスなどより格段に静かで、音楽など掛けていたら、エンジンが始動したことがわからない」というほどの静粛性を体感。

 乗り心地でも「2.5リッターエンジンにモーターを加えているため、アクセルを踏めば両方のパワーユニットから駆動力が発生するためです。しかもモーター出力はアクセルを踏んだ瞬間に立ち上がるため非常に扱いやすい印象」と話しています。

 新開発のボディは、世界の自動車メーカーがテストに使用するドイツ・ニュルブルクリンクサーキットで走行テストを重ね、低速域から高速域まで意のままに安定した走りを実現。トヨタの先進安全技術「トヨタセーフティセンス」やドライバー好みの運転特性にスイッチひとつで切り替え可能な「ドライブモードセレクト」を全車標準装備しています。

■先代アスリートからの乗換えポイントとは

 新型「クラウン」のRS仕様には、走行性能を高める専用アイテムとして、18インチアルミホイール、タイヤ、フロントスタビライザー、リアスポイラーなどカスタムパーツを標準装備。「ドライブモードセレクト」にもRSグレード専用のカスタムモードが設定され、パワートレイン、シャシ、空調の各制御など自由に選択可能です。

 先代クラウンでは、スポーティ志向のユーザーには「アスリート」が人気でした。新型「クラウン」では、グレード形態が変わり、どのグレードを購入すればよいのか迷うところです。新型「クラウン」において、「アスリート」と同等のグレードは、RS仕様の2リッターガソリンエンジンが該当します。

 新型「クラウン」の乗換えについて、トヨタ販売店スタッフは、「予約受注の開始当初は、グレード形態が変わったことにより“わかりづらい”という声を頂きました。しかし、集約され2グレードとなったことで他社からの乗換えユーザーには好評でした。

 先代の『アスリート』に乗っていたお客様には、同じエンジンを使用した2リッターガソリンエンジンや2.5リッターのハイブリッド仕様が人気で、先代の『アスリート』の値段が約450万円から選べたに対して、新型のRS使用は約500万円からになっています」と話します。

 一般的に、新型モデルが登場すると先代モデルの中古車価格は、下がる傾向にあります。しかし、トヨタを代表するセダンの「クラウン」は人気が落ちず、先代「クラウン アスリート」の中古価格帯は、120万円台から600万円台と幅が広く程度の良いものを探すのが大変です。

 15代もの歴史を持つ「クラウン」は、 過去にさまざまなグレードや派生車を登場させています。グレードとして人気が高かった「ロイヤルサルーン」、ワゴンタイプの「クラウンエステート」、タクシーの代名詞となった「クラウンコンフォート」。新型「クラウン」以降も驚きと技術を詰め込んだトヨタの顔という存在には変わりはありません。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します