現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 広報写真はもう見飽きた!スズキ・ジムニーのフレーム/シャシーを眺めてみる

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.28

広報写真はもう見飽きた!スズキ・ジムニーのフレーム/シャシーを眺めてみる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広報写真はもう何度も見た! 実物が見たいのだ! クルマを借りたんだったら潜るのがMFi! ジムニーのフレームとシャシーを詳細に見てみよう。

 ──と言いながらタイトルの写真は広報写真。そうなのだ、やはりここぞというところは部品単位で撮影できるオフィシャル素材に敵うものはなく、いつもお世話になっております。
 しかし広報素材は世界中のあらゆるところで目にするのもまた事実。そこから先が知りたい、別な角度から眺めたい、実際の構造を知りたい。そんなアナタのために潜ってきた。

    スギ抽出改質リグニンを用いたGFRPがビュートのボンネットとドアトリムに! …産総研・森林総研・宮城化成・光岡自動車、屋外環境下での実車搭載試験を開始

操舵装置

 世の大半が操舵装置にラック&ピニオンを用いるところ、ジムニーはボール&ナット型を堅持する。リサーキュレーティングボール、ボール循環式とも称する本方式は、かつてのメルセデス・ベンツなどが備えていたことをご記憶の方もいらっしゃるだろうが、2018年現在の乗用車用ではもはやジムニーだけと言っても過言ではない方式。

ボール&ナット式のステアリングギヤボックスのシャフトから生えるピットマンアームの腕先にはドラッグアームが接続され、左側のナックルにボールジョイントを介して接続される。

 ピットマンアーム~ドラッグアームで入力された操舵操作は、左ナックルの前側接続部を動かす。すると後側に左右を結ぶタイロッドが右側のナックルも操舵を伝える仕組み。ステアリングダンパーは、その操舵操作をダンピングする役割を果たす。

懸架装置

 ジムニーの懸架装置は前後ともにリジッドアクスル。独立懸架の性能は認めるところだが、悪路における「脚の伸び」を考慮するとやはりリジッドに敵うものはない。

トランスファー

ボディマウント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します