現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型クラウンはニュルブルクリンクで鍛えたことを謳う必要があったのか?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.9

新型クラウンはニュルブルクリンクで鍛えたことを謳う必要があったのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

15代目となる新型クラウンは、ニュルで鍛えたという走行性能が話題となっている。だが、国内専用車のクラウンが“ニュルで鍛える”ことを謳うのはそれほど重要なことなのだろうか? PHOTO◎市 健治(ICHI Kenji)

 今年6月に15代目となる新型クラウンがデビューした。6ライトのスポーティなフォルム、最新のトヨタの使いやすいインフォテインメントシステム、定評のあるTNGAプラットフォームの採用など、気合いの入ったフルモデルチェンジである。実際、受注も好評で、発売から約1カ月で月販目標台数の約7倍となる3万台の受注を受けたという。依然、日本ではクラウン人気が根強いことを証明した形だ。
 
 そんな売れっ子の新型クラウンだが、個人的に気になる点がひとつある。それは、“ニュルブルクリンク北コースで走りを鍛えた”と喧伝していることだ。ニュル北コースといえば言わずもがなポルシェやGT-R、シビックタイプRなどのスポーツカーの開発でも使われた世界一過酷なドイツのサーキットである。上記ようなの圧倒的な性能を求められるスポーツカーであれば、積極的にニュルで鍛えたことを宣伝する必要性はわかるが、果たして国内専用車のクラウンがニュルでの鍛錬を売りにする必要性があるのだろうか?
 
 

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 もちろんニュルで走りを鍛えることは、ドイツ勢のライバルと戦うために必須だったのだろう。走りの性能が上がるのはユーザーメリットにもなる。

 だが、クラウンのユーザーはニュルで走りを鍛えたということを重要視するだろうか? そこはしれっと隠して、「新型クラウンの走りってすごいよね」と購入したオーナーが感じたり口コミで広がったほうが自然体な気がしてならない。同じトヨタのC-HRもニュルで鍛えたそうだが、クラウンしかり、ユーザー側とメーカーの間にやや乖離があるように思えるのは気のせいだろうか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部 石川 亮平)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tmi*****|2018/10/10 01:25

    違反報告

    必要があったのか

    別にない。メインユーザーのお爺さんに、そんな事言ってもはじまらない。
    走行の安全マージンのため、というなら納得。
  • sa2*****|2018/10/10 06:31

    違反報告

    重いサルーンカーをニュルでマトモに走るようにすると、街乗りでカタすぎるアシが出来上がります。ウエットでセッティングすると、すこしカタい程度に抑えられるのですが、皆ドライで走らせるので、普段使いはしたくない感が強くなっています。
  • ona*****|2018/10/10 15:14

    違反報告

    クラウンが売れるのは「ちょっと威張れるクルマ」を欲しているユーザーが多いため。

    先代クラウンもそうだが、新型も街中で運転している連中を見るとドヤ顔全開でふんぞり返ってる奴ばかり。クラウンだけではなくトヨタのミニバン勢も同様の連中しかいない。

    トヨタもそういうユーザーのニーズを汲み取り、ギンギンギラギラしたモデルを連発しているので、輩御用達メーカーの地位を築いたと言える。その点はさすがトヨタと言わざるをえない。

    まあ、クラウンごときでイイ気になっている連中の心理はさて置き、セダン市場が活況になるのは大いに歓迎するが、国産セダンにはつまらないモデルしかないのが残念。

    それから、天下のニュルにレベルの低い車両を持ち込んで、各国に恥を晒すのだけは止めてね。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します