現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【インターモト2018】アプリリアの2019年モデル3車種が登場。トゥオーノV4には最新の電子サスが装備

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.5

【インターモト2018】アプリリアの2019年モデル3車種が登場。トゥオーノV4には最新の電子サスが装備

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプリリアは、ドイツのケルンで開催されているインターモト2018で2019年モデルのトゥオーノV4 1100ファクトリー、RSV4 RR、シバー900を発表した。REPORT●三原卓也(MIHARA Takuya)

トゥオーノV4 1100ファクトリー

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 トゥオーノV4 1100ファクトリーは、スーパーバイク世界選手権で4度のタイトルを獲得したRSV4直系のストリートファイターだ。エンジンはRSV4譲りの水冷65度V型4気筒で、排気量は77ccアップの1077ccに拡大。最高出力は129kW(175PS)、最大トルクは121Nmを発揮する。

 電子制御では、フルライドバイワイヤスロットルやクイックシフト、トラクションコントロール、ローンチコントロールなどを標準で装備している。

 2019年モデルのトゥオーノV4 1100ファクトリーには、新たにアプリリアのエンジニアがチューニングしたオーリンズ製のセミアクティブサスペンションシステムが装備。カラーリングは、フロント部分はブラックとレッド、タンクとリヤはシルバーに変更された。

RSV4 RR

 アプリリアのスーパースポーツフラッグシップであるRSV4の最上位モデル、RSV4 RRはカラーリングを変更して登場。兄弟機のRSV4 RFと同じく赤いホイールが採用され、ボディカラーはブラックをベースに灰色のロゴステッカーがあしらわれている。

シバー900

 2016年のミラノショーで登場したシバー900は、896ccの90度Vツインエンジンを搭載するネイキッドモデル。最大出力は70kW(95PS)、最大トルクは90Nmを発揮。フルライドバイワイヤスロットルやトラクションコントロールなどの電子制御も装備している。

 シバー900の2019年モデルはカラーリングが変更となって登場。赤いフレームはそのままに車体色はブラックで統一された。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します