現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサスが世界初採用したドアミラーレス車、普通のミラーと何が違う? すでに課題も!? 

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.14

レクサスが世界初採用したドアミラーレス車、普通のミラーと何が違う? すでに課題も!? 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ついにドアミラーレスの量産車が登場! しかし課題も?

 レクサスが間もなくドアミラーレス仕様(デジタルアウターミラー)を日本でも10月に発売となる新型『ES』に設定すると発表しました。カメラで映した画像を車内に設置された液晶画面に表示するという技術で、すでに実用化されているルームミラーにカメラの画像を表示する機能のドアミラー版と考えていただければ、わかりやすいと思います。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 今回、レクサスが正式にミラーレス仕様の採用を発表しましたが、多くのメディアは「ドアミラーレス車が出る」という情報しか伝えていないようです。先進技術ということもありますが、すでに課題もあるようなのです。

 新型ESのエクステリア写真を見ていただきたい。レクサスだけでなく各自動車メーカーがドアミラーレス車両を開発しているのですが、日産やホンダのデザイナーに話を聞くと、「後方を見るカメラをカッコよく取り付けるかで大きな論議になります」といいます。車体の後方だと側方が見えず、かといってドアミラーの位置に付けるとなれば車体から少し離れた位置でないいと後方が見えないからです。

 確かに新型ESのカメラ位置はドアミラーの位置と同じ。デザイン的にドアミラーと変わらないだけなら良いけれど、このカメラを後方から見ると奇妙な形状になってしまっているので、日産やホンダのデザイナーが悩む理由もわかる気がします。

 また、車両から飛び出した位置にあるドアミラーが不要になるなら実質的な車幅は狭くなるなどメリットもあるものの、やはりドアミラー同様に飛び出してます。

 100歩譲ってデザインが大幅にカッコ良くなくて、通常のドアミラーで実現出来ないような優れた機能を持っているなら納得出来るのですが、技術面でもまだ様々な課題を抱えているようなのです。

■キーがオフ状態だと後方を見ることはできない?

 そもそも車両の電源を入れないと後方は全く見えないです。クルマに乗っている人ならご存知の通り、キーをオフにした状態で後方を確認する機会も少なくないと思います。

 また、後方の映像を表示する車内の画面も、少しばかり強引過ぎる感じです。ドアミラーと同じ場所なら、ドアミラーを見るのと同じ。かといって正面に映像を出すと、左右の安全確認が疎かになるなど弊害も出てきます。これもまた、他メーカーのデザイナーが言う通り、デザイン的に全く成立していないと思います。

 機能面でも現在のカメラ画像は実像には届きません。カメラの画像を表示するルームミラーの車両に乗るたびに「気持ち悪い」と感じるのがタイムラグ。ミラーに映る実像だと全くタイムラグなく見えているのに対し、わずかながら遅れるて見える状況。TVの4K画像だって人間の目で直接見るレベルになっていないのと同じです。

 もちろん夜間の映像が明るく見えたりするメリットはあるものの(レクサスはバック時に下の路面を映すとアピールしてるが、普通のミラーでも採用している)、逆に言えばそのくらいです。将来的に危険性のある接近物体を判断して表示くれるなど次世代の機能が加わってくれば面白いと思いますが、もう少し時間はかかるでしょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 国沢光宏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します