現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人助けでマイカーが「ミシッ」… 「けん引」はリスク大? 専用ヒッチ設定車も少ないワケ

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.26

人助けでマイカーが「ミシッ」… 「けん引」はリスク大? 専用ヒッチ設定車も少ないワケ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■キャンピングトレーラーをけん引するには?

 キャンピングカーがじわじわと人気を得ています。業界団体である日本RV協会の資料によると、国産および輸入キャンピングカーの保有台数は2016年に10万台を超え、売上高は2017年には約424億7000万円と、過去最高を更新し続けています。その多くは自走式のキャンピングカーですが、輸入車では、キャンピングトレーラーが多くを占めます。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 キャンピングトレーラーをけん引するには、専用のトレーラーヒッチ(ヒッチメンバー)などと呼ばれるオプションが必要です。しかし、これを純正オプションとして設定してクルマは、国産車ではトヨタ「ランドクルーザー」や三菱「デリカD:5」など、ほんのひと握り。そのようななか、2017年発売のSUV「CX-8」に、新たにトレーラーヒッチのオプションを設定したマツダに話を聞きました。

――なぜトレーラーヒッチのオプションを設定したのでしょうか?

 現在、日本のライフスタイルに対する価値観は大きく変化しており、キャンピングカーやボート、バイクやカートなどを出先に運んで休日を楽しみたいという方も少なくないと考えます。こうしたお客様に、自分らしいライフスタイルをお楽しみいただけるようにと、「CX-8」の「提供価値」の一環として、(けん引免許を取得することなく)普通免許で可能な750?までのけん引性能を、メーカーとして保証することにしました。

――やはりトレーラーヒッチ設定車種は限られてくるのでしょうか?

 少なくとも「Zoom-Zoom」世代以降(2002年以降)のマツダ車では「CX-8」が初めてですが、当社のクルマでも一部の海外向け仕様には、その車両の性能に応じたけん引性能を設定している場合もあります。それは、けん引という手段がその地域の生活や文化に一般的なものとして根付いていることを背景としています。

※ ※ ※

「CX-8」には、けん引走行中にトレーラーの横揺れを検知すると、状況に応じてブレーキとエンジンをコントロールするというトレーラー・スタビリティ・アシスト(TSA)という機能も標準装備されています。今回のトレーラーヒッチのオプション設定にあたり、「純正」という考え方のもとで、信頼性や適合性について検討を重ねて実現に至ったそうです。

■事故車もけん引できる?

 一方で、たとえば緊急時に動けなくなったクルマを自車で牽引しなければならない、という状況もあるかもしれません。トレーラーヒッチなどが設定されていない車種でも、リアバンパーなどにそのためのフックがありますが(必要なときにフックを車体へねじ込んで設置するタイプもある)、クルマへの影響はあるのでしょうか。

「たとえば『CX-8』であっても、趣味のけん引ではなく、事故など緊急時の対応として自車で事故車を引っ張るようなことは推奨していません。極端な例ですが、事故車を助けようとした自分のクルマまで事故を起こしたり、大きな損傷を受けて走れなくなったりする恐れがあります。仕方なく牽引する/される場合でも、極力その速度や距離を最低限にとどめていただき、何よりもまず、当社ディーラーやJAFさんなどにご連絡いただき、安全な場所で救援を待ってください」(マツダ)

 前出のとおり、普通免許でけん引できるのは車両総重量が750kg以下のクルマとされていますが、故障車をロープやクレーンなどでけん引する場合は、その限りではないとされています。しかしながら、750kgというのは一般的な軽自動車およそ1台分の重量です。つまり多くのクルマはそれ以上の重量ということ。

「CX-8」のオーナーズマニュアルにも、「(故障車をけん引するときは)車体や駆動系に損傷する恐れがあります」「自車の重量より重い車両は牽引しないでください」「(自車をけん引してもらうときは)できるだけマツダ販売店またはJAFなどに依頼して下さい」などと注意が書かれています。マツダは、「ウインチやロープ1本で引っ張るのは思った以上に負荷が大きいです」と話します。

 ちなみに、JAFによると、一般車をロープなどでつないでけん引すると、けん引されるクルマの車体がゆがんだり、角度をつけて引っ張った際にけん引フックが壊れたりする可能性があるといいます。けん引されるクルマのエンジンがかかっていない場合は、ブレーキが通常よりかからず、けん引車に衝突する危険もあるとのこと。

 けん引に際して、JAFならではの特別な器具などはないものの、特に4駆車をけん引する際は駆動系への影響が大きいこともあり、前後輪とも持ち上げるための装置を使用しているそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ton*****|2018/07/26 11:16

    違反報告

    一時期、ジムニーやスバルの車でハマった車を救出するという動画がもてはやされたが、少なくない車が骨格が歪んだりフックが破損したり、場合によってはエンジンやクラッチが壊れる場合もある。まあ自己満足であり自己責任だからとやかく言うこともないだろうけど、リスクは知っておいた方がいい。
  • nob*****|2018/07/26 11:02

    違反報告

    慣れた人で、ランクルなら、大型を引っ張ることも出来なくはないですが、素人の牽引は、たとえ軽四引っ張るのでも、やめておいた方がいいですよ。
  • kpr*****|2018/07/26 11:13

    違反報告

    フォレスターに乗っています。雪山や砂道でたまに牽引頼まれますが、ミイラ取りがミイラになるので必ず断っている。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します