現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ラジコンカーでも“走る歓び”を!】 マツダ「メディア対抗 タミヤRCロードスター 1時間耐久レース」をレポート!

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.15

【ラジコンカーでも“走る歓び”を!】 マツダ「メディア対抗 タミヤRCロードスター 1時間耐久レース」をレポート!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月27日、今年で3回目を数えるマツダ主催「メディア対抗 タミヤRCロードスター 1時間耐久レース」が開催された。

「ラジコンカーでも走る歓びを味わってほしい」との、マツダ広報部の言葉で幕を開けたこのレースの模様を、ベストカー編集部の奮戦ぶり(主に企画担当のダメっぷり)を交えお伝えしたい。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

文:ベストカーweb編集部
写真:池之平昌信

伝統を誇る耐久レースの前哨戦

 9月に行われる『第29回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース』の前哨戦となるこのレース。午前、昼、午後の3部に分かれ、自動車雑誌をメインに総勢20チームが参加。そのうちの7チームとともにベストカーは第3部のレースに参加した。

「気楽にいってきていいからね」との言葉に後押しされ、上司とともに会場入りした本企画担当のOではあったが、周りの皆様、リラックスした雰囲気の中にも「絶対に勝ったるで」という気合に満ち満ちている。

 ガチぢゃないか……。場違いなところに来てしまった感が否めない。

 なにせ、私ごとながら4月にアルバイトとしてベストカーWeb編集部に来て初めてのロケ、そして実質初のラジコンカー体験である。

 会場は神奈川県横浜市の「マツダ R&Dセンター」。さすが歴史ある自動車メーカー、数々の名車たちが居並ぶオープンギャラリーを通り案内された会場には、筑波サーキットを再現し作られたコースが用意されていた。

コースレイアウト(イメージ)。幅21.6m、縦14.4m。広大である

 ルールはいたってシンプル。ドライバーは2人以上(そのうち必ず1人は4時間耐久のドライバーが入ること)、10分ごとに必ずバッテリーの交換をおこない、その間にドライバーをチェンジ。1時間で一番多くコースを回れたチームが優勝だ。与えられるマシンや装備などに差はない。

 ルールは簡単だったが、ラジコンカーの操作に慣れるのはなかなかに難しい。大きさは実物の約1/10のスケール。しかしスピードも1/10とはならない。

 なんせモーターを積んだEVだから入門用でも時速60km/h近く出るモデルがあるなど、大きさに対してスピード感が非常に高い。

 特にハンドル操作は至難の業。軽く回しただけで自分が思っている以上に曲がる。最初のうちはこれにだいぶ翻弄されてしまった。果てしなく横滑りし、たびたび宙を舞い、コース中央で沈黙しほかの車たちの流れが切れるのをひたすら待つ弊社マシン。

 そしてやはり、マシンと自分とが正対したときの操作は、難しさのレベルが一段上がる。これは実際の車の運転とは大きく違うところだ。

本レース前に記念撮影。会場にはレースクイーンも現れ華を添えた

第3部の本レースがスタート

 タミヤのスタッフによる車両チェック、タイヤの交換、そして30分の練習走行が終わり、いよいよレースがスタート。序盤からぐんぐん他チームに引き離されていくベストカー。自分1人の責任にはならなくてよさそうだ。よかったよかった。

 本企画担当は2番手。練習走行に比べれば大分安定した走りができてミスも減ったが、やはり下手くそなことには変わりはない。

 落ち着いて周回を重ねているつもりが、次の瞬間にはなぜかマシンが停止しコースの壁を見つめていたりする。なるべく先をいく他チームのマシンの邪魔にならないよう、祈るばかりの10分間だった。

蝶のように舞い、

ハチのように他チームのマシンに絡む。他チームの皆さん、超ビギナーがご迷惑をおかけしてスミマセンでした!!

 コース取りや周回を重ねていく技術はもちろんのこと、ドライバー交代時に義務づけられたバッテリー交換も重要な要素。2本のピンを外し、バッテリーのカバーを外し、バッテリーを引き出し交換して、またカバー、ピンを取り付ける。

 実に1周が10秒にも満たない世界(ベストラップは9秒343)では、勝負の行方そのものを左右しかねない。

 実際、上位陣はバッテリーの交換も非常に速く、優勝したチームは最後の最後に総合周回数での逆転に成功していた。

戦い終わって

 周回数227周。首位に122周という実に僅かな差で8位に入ったベストカーチーム(総合では20チーム中17位)。個人的には、しかし練習時に比べて遥かに安定した走りができたこともあり、とにかく無事に終わってよかったという安堵に包まれ横浜から音羽への帰路についた。

 道すがら上司と会話を重ねながら思い出していたのは「ラジコンカーでも走る歓びを味わってほしい」という言葉だった。

 主催者サイドでありながら2位(総合3位)に入り大人気のなさを見せつけたマツダ人馬一体チームの姿と併せ抱いたのは、月並みかもしれないが、本当に走るのが好きなんだな、という印象だった。

 そんなこともあってか、ラジコンカーながらヘタクソながら、まんまと走る歓びを味わってしまった企画担当。レンタカーでも借りて、どこかに出かけたい気分が日に日に高まっている次第である。

 本番となる「第29回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」は9月1日(土)、筑波サーキット(茨城県下妻市)にて開催予定。

 こちらの行方にも注目していきたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します