現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もっと売れた? 潮時だった? トヨタが見限ったクルマたち 5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.4

もっと売れた? 潮時だった? トヨタが見限ったクルマたち 5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FJクルーザー、SAI、ウィッシュ、アイシスと、立て続けに生産終了し、またこの4月にはアベンシスも絶版としたトヨタ。ラインアップが多ければ当然生産終了車も多くなるのだが、それにしてもなんというか、諦めがよすぎないか。

 本稿ではここ数年生産終了したトヨタ車のなかで、特に印象的だったモデルを挙げていただき、「もうちょっとなんとかなったんじゃないか」、「やりようを変えればもっと売れたんじゃないか」、「いやいやこれはさすがに潮時であった、引き際あっぱれ」というモデルを渡部陽一郎氏に選んでいただいた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 どれもいいクルマではあったんだけどなー。もうちょっと売れてればなー……というクルマたちです(本稿メイン写真は2003年登場の2代目アベンシス)。

文:渡辺陽一郎

■アベンシス 1997~2018年

トヨタ・アベンシス(3代目)

 アベンシスはトヨタのミドルサイズカーだが、イギリスで製造される輸入車だった。輸入は2代目から開始され、2018年4月に終了したタイプは3代目になる。2代目はセダンも用意したが、3代目はワゴンのみとなった。

 欧州向けのトヨタ車だから実用性が高い。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)はプレミオ&アリオンと同じ2700mmで、前後席の間隔は936mmに達する。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半だから、クラウンなどのLサイズセダンと同等だった。また全長が4820mm(後期型)のボディによって荷室も広い。

 エンジンは直列4気筒2リッターの直噴式で、パワフルとはいえないが、性能は実用的には十分だ。欧州向けだから走行安定性の不満もない。

 全般的に機能は高いが、売れ行きは伸び悩んだ。理由は選択の決め手に欠けることで、特にレヴォーグと比べた時、アベンシスの勝る機能がほとんどないのは辛かった。

 アベンシスの後席が広いといっても、レヴォーグでも頭上と足元の空間は同程度だ。動力性能はレヴォーグの1.6Lターボがパワフルで、走行安定性と乗り心地も優れている。緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、アベンシスでは歩行者を検知できない赤外線レーザーと単眼カメラを使うトヨタセーフティセンスCだが、レヴォーグには2014年の発売時点からアイサイトバージョン3が装着された。

 またレヴォーグの登場以前に遡っても、アベンシスは先代レガシィツーリングワゴンに比べて魅力が乏しかった。特に安全装備では、レガシィが早期からアイサイトを採用しており、アベンシスは差を付けられていた。

 要はアベンシスは、販売戦略上の面では間に合わせの商品だった。カルディナやマークXジオ(後者は3列シートだがワゴン風のボディで不人気だった)を廃止した後のトヨタは、ワゴンが乏しく、カローラフィールダーだけでは品ぞろえが足りない。そこでアベンシスのワゴンのみを輸入した。

 しかも価格は高めで、ベーシックなXiでも270万円を超えた。250万円以下なら割安なワゴンになったが、それでも売れ行きを伸ばすのは難しかっただろう。ミニバンの人気が高い日本でワゴンを売るには、スバルのレガシィツーリングワゴン/レヴォーグに機能面で勝るクルマにする必要があったからだ。

■iQ 2008~2016年

トヨタ・iQ

 近年に登場した日本車の中で、際立って個性的だったのがiQだ。独特のコンパクトな駆動システムを使い、直列3気筒1Lと4気筒1.3Lエンジンを搭載しながら、全長を3m弱に抑えた。ホイールベースも2mと短く、最小回転半径は3.9mに収まる。しかも小さな後席を装着するから乗車定員は4名だ。後席は荷物の収納場所としても使いやすかった。

 全幅は1680mmだが、全長は軽自動車よりも短く、小回りも利くから実用性の優れたマイクロカーとなっている。

 ただし欧州向けの商品で、日本国内の売れ行きは伸び悩んだ。一番の原因は、日本には軽自動車が数多く存在することだ。軽自動車はiQに比べて全長が400mm長いが、それ以上に実用性が高い。アルトやミライースでも大人4名が快適に乗車できる室内空間が備わり、全高が1700mmを超える車種になると、後席を畳めば自転車なども積みやすい。4人乗りのミニバンといった印象で、軽自動車なのにファミリーカーとして便利に使える。

 これらの軽自動車に比べてiQは実用性が不満だ。3ドアボディでもあるから、実質的にクーペになって家族では使いにくい。全幅はiQが200mm以上広く、小回り性能は良くても、狭い裏道などでは軽自動車が使いやすい場面も多かった。

 そしてiQの価格は1Lエンジンの100Xが140万円、1.3Lの130Gは168万円に達したから、同等のエンジンを搭載するヴィッツと同程度か、それ以上に高い。軽自動車の先代ホンダN-BOX/G・Lパッケージは、格段に広い室内と多彩なシートアレンジを備えて134万円だったから、多くのユーザーがN-BOXに魅力を感じた。

 iQには、軽自動車とは違う個性的な外観、小型車の中でも特に座り心地の快適なフロントシート、ドライバーを中心に車両が旋回するような独特の運転感覚などがあったが、販売面では成功しなかった。日本で最も優秀なカテゴリーとされる軽自動車と競ってしまうことが、iQにとって最大の不幸であった。

■ウィッシュ 2003~2017年

トヨタ・ウィッシュ

 当企画「トヨタが見限ったクルマたち」では販売の伸び悩んだ車種が目立つが、発売当初に相応の人気を得たクルマもある。この代表がウィッシュだ。初代ウィッシュは2003年に全高を1600mm以下に抑えたワゴン風の3列シートミニバンとして発売され、2009年には2代目にフルモデルチェンジされた。

 2代目ウィッシュは、発売から2年程度の間は、1か月に5000台前後を販売している。当時のトヨタノアや日産キューブと同程度で、小型/普通車の販売ランキングでは15~20位であった。人気車とはいえないが、中堅レベルには位置した。

 ウィッシュが人気を得た理由は、3列シートのミニバンでありながら、ワゴンの実用性を備えて価格を安く抑えたことにあった。1.8Lエンジンを搭載した1.8Xは、実用装備を充実させて価格は185万円だ。

 ちなみにカローラフィールダーは、2列シートのコンパクトワゴンでありながら、1.8Lエンジンの1.8Sは価格が200万円を超えてしまう。ウィッシュはミドルサイズのボディと3列シートを備えながら割安で、ミドルサイズワゴンが欲しいユーザーの間でも高い人気を得た。

 しかし2015年には、コンパクトミニバンのシエンタがほぼ同じ価格で現行型にフルモデルチェンジされ、売れ行きを伸ばした。エンジンは1.5Lだが、3列目のシートはウィッシュよりも快適で、畳んだ時の荷室も広い。スライドドアも装着した。さらにシエンタにはハイブリッドもある。

 軽自動車まで含めて、広い車内とスライドドアがセットで求められるようになると、ワゴン風のウィッシュは古く感じられた。2017年11月に行われたウィッシュの生産終了は、ワゴンと、背の低いミニバンの終焉を告げていた。

■ヴァンガード 2007~2013年

トヨタ・ヴァンガード

 2007年に発売されたヴァンガードは、SUVの人気車種だった。2011年頃までは、エクストレイルと同程度の台数を販売している。機能的には3代目RAV4のロング版で、ホイールベースを100mm長い2660mmにしたために後席の足元空間が広い。ファミリーカーとして使いやすく、荷室に補助席を備えた3列仕様を選ぶと、短距離であれば多人数の乗車も可能だった。

 またフロントマスクやインパネは上質に仕上げられ、セダンのマークIIや後継のマークXをSUVにアレンジしたような雰囲気も味わえた。

 実用的で見栄えが良い割に、価格は安く、同等の装備を採用した当時のハリアーを約25万円下まわる。従って相応の人気を得た。

 ただし2013年12月に、レクサスRXから分離した国内向けの現行ハリアーが登場すると、入れ替わるようにヴァンガードは販売を終えた。

 現行ハリアーは人気車種になったが、価格が高く、3列シート仕様も用意されない。従ってヴァンガードを継続的に販売する手もあっただろう。そうなればコンパクトSUVがC-HR、ミドルサイズがヴァンガード、上級プレミアムSUVがハリアーという選択肢がそろった。ヴァンガードの廃止は残念であった。

■ラッシュ 2006~2017年

トヨタ・ラッシュ

 ラッシュはコンパクトサイズのSUVだが、ホンダヴェゼルやマツダCX-3などのシティ派SUVとは素性が違う。エンジンを縦置きにした後輪駆動がベースの4WDで、4WDシステムは常に4輪を駆動できるセンターデフ式だ。悪路で駆動力を高める副変速機は装着されないが、車両の成り立ちは、ランドクルーザーのような悪路向けのオフロードSUVと同じだ。

 従ってラッシュは、コンパクトで取りまわし性の優れた5ドアボディと、悪路の走破力を両立させた貴重なSUVであった。

 特に日本の積雪地は道幅が全般的に狭く、ランドクルーザーのような大柄なオフロードSUVは使いにくい。そこで軽自動車やコンパクトカーの4WDが機能しているが、悪路の安心感を求めると前輪駆動ベースの4WDでは物足りない面もある。こういった不満を一挙に解決できるのがラッシュであった。

 ラッシュのようなクルマは、自動車メーカーである以上、たとえ儲からなくても廃止してはならない。鉄道の赤字路線と一緒で、生活する上で不可欠な移動手段になるからだ(軽商用車にも同じようなことが当てはまる)。今後、必ず復活させるべき車種の筆頭がラッシュだ。

 1車種では足りないから、スズキにはジムニーシエラの5ドアボディを開発して欲しい。3ドアでは後席と荷室が狭く、積雪地域のファミリーカーにはなりにくいが、ジムニーシエラの5ドアボディなら高い実用性が得られる(ジムニーを軽自動車サイズで5ドア化するのは難しい)。

 ラッシュやジムニーシエラの5ドアボディを改めて発売すれば、「いいクルマを造ってくれて、ありがとう」とユーザーから感謝されるに違いない。自動車メーカーの使命と、自動車産業に従事する人達の醍醐味は、移動に困っている人達を助けられることにある。裕福な人達の満足感を高めたり、見栄を張るための道具を造るのは、本来の使命ではない。そんなものは二の次で良い。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集長 T)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します