現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ついに季刊化!! 『ManiaxCars』Vol.01 5月30日発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.5.25

ついに季刊化!! 『ManiaxCars』Vol.01 5月30日発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OPTIONで好評連載中だった『兄さんっ! 変態すぎてタイヘンですっっ!!』が、なんと独立季刊化。そのイッパツめの巻頭特集は50ページ超の大作、『バブルマツダ』だ。

業界騒然、笑撃の問題作、『ManiaxCars』。

    ハイパーレブVol.228『スイフト』 5月31日発売!

巻頭特集『バブルマツダ』と聞いて、コスモやFD3S、ロードスターがいっぱい出てくるんじゃ…と思ったひと、それじゃまったく変態じゃありません。

というか、「そんなメジャーどころの記事を読みたければ、どーぞ他の雑誌を買ってくれ!」と声を大にして言いたいわけで、「じゃあどんなクルマが出てくるのよ?」と思うでしょ。

巻頭特集のトップを飾るのは、「ユーノス3ケタモデル集結!」。そう、ユーノス100/300/500/800を集めて、ディテール紹介から一気試乗までをやってるのだ。

それに続く企画、マツダが傾くキッカケになったと言われる「クロノスの悲劇のヒロインたち」では、親玉クロノスを始め、クレフ、テルスター、MX-6、MS-8など、これまた現車をネチネチと撮影&試乗。

その他、センティアvsMS-9、ペルソナvsユーノス300、ファミリアNEOvsレーザーといった兄弟モデル対決や、カペラ、ランティスセダン、プレッソ、レビューなどの試乗インプレ、マツダ5チャンネル主要車種の系譜図、世界に誇ったマツダの技術、某ジドーシャ雑誌元編集部員の回想録、HEセンティアで広島まで行ってみた…など、他の雑誌じゃ絶対にやらないマツダ特集になってたりする。

第2特集は『長いがエライ! 国産リムジン』。プレジデントロイヤルリムジンを筆頭に、セドグロロイヤルリムジン、デボネアVリムジン、コロナスーパールーミーが誌面を賑わせる!

でもって、今年で4シーズン目を迎える『全日本プロボックス/サクシード選手権(JPSC)』の開幕戦、日光サーキットのレポートやパーツ&チューニング情報など、プロサクのページも充実。

かと思えば、初代FFレックスオートクラッチ仕様と4速MT仕様の乗り比べや、タイミングベルト10万km無交換を実現したフェラーリ512BBi&308QVなど、車種も年式もカンケーなくマニアックな記事がてんこ盛りだ。

ちなみに、巻末には世にも不思議な『スバルビッグホーン』の縮小フルカタログを掲載。

ただのクルマ好きにはウケないだろうけど、変態グルマ好きにはズバッとササること確実な企画が目白押しだと自負してる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan HYPER REV編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rot*****|2018/05/26 18:27

    違反報告

    ユーノス800のユーザーでした、失敗作とは思ってないけどなぁ~
    v6エンジンは静かでパワフル!
    まぁ、マツダは色々あったけど取り上げてもらえるだけいいのかな……
    例えば、同じことを三菱や日産でやったら笑えないもんね。
  • nic*****|2018/05/26 11:17

    違反報告

    究極のマイナー車なフェスティバGTA、ファミリアGTRは勿論盛り込まれてるよね?
  • wak*****|2018/05/26 23:38

    違反報告

    この頃のマツダ車、現在けちょんけちょんな言われようですが、自分結構好きなデザイン多いです。
    特に、センティアやユーノス500などのヌメヌメ系が大好きです。
    この本は、ツボ過ぎて鼻血ものです。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します