サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】「ホンダN-ONE」が8年振りのフルモデルチェンジへ!

ここから本文です

【スクープ】「ホンダN-ONE」が8年振りのフルモデルチェンジへ!

最新プラットフォームの採用で走りやユーティリティが大幅進化

ホンダの軽モデル、「N-ONE(エヌワン)」の8年振りとなるフルモデルチェンジ情報を入手。今回は、それをもとに予想CGを制作した。

昭和レトロの時代にタイムスリップ!? 新潟三条の「KYOWAクラシックカー&ライフステーション」がスゴイ!

初代N-ONEは2011年に登場した「N-BOX」、翌年の「N-BOX+」に続く「Nシリーズ」の第3弾として2012年末に発売された。“Nコロ”の愛称で親しまれた往年の「N360」を彷彿とさせる外観に十二分な居住空間、優れた走行性能を魅力としていたが今春に生産は終了している。

次期型に関しては、後発の「N-WGN」が先にフルモデルチェンジを果たすなどNシリーズの中では置き去りにされた格好だが、東京オートサロン2020では次期型ベースとおぼしきプロトタイプ、「カフェレーサーコンセプト」がすでに公開済み。ホンダ自身が今秋の復活を予告している。

そのエクステリアは、初代のイメージがほぼ継承される見込み。とはいえ、フロントマスクはよりスポーティなデザインとなりフェンダー回りの造形にも手が加えられるようだ。一方、プラットフォームは最新世代へと進化して軽量化を実現。運転支援装備では最新の「ホンダセンシング」が搭載され、軽自動車ではトップレベルの安全性を実現する。搭載するパワーユニットは、660cc直列3気筒の自然吸気とターボをラインアップ。組み合わせるトランスミッションは、MTモード付きのCVTに加えカフェレーサーコンセプトに見られたMTがオプション設定される可能性が高い。その正式デビューは、最速で今年10月という説が有力だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します