現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 960馬力の日産「R34スカイラインGT-R」完成! 夏の短い北海道ならではのチューニングライフを紹介します

ここから本文です

960馬力の日産「R34スカイラインGT-R」完成! 夏の短い北海道ならではのチューニングライフを紹介します

掲載 10
960馬力の日産「R34スカイラインGT-R」完成! 夏の短い北海道ならではのチューニングライフを紹介します

最新技術で愛車を進化! 夜の公道の慣らしドライブもまた楽しみ

長らく日産「R34 GT-R」に乗ってきた三輪英則さんはナンバー付きにこだわる。これまでもエンジンチューンを施して、そのたびに夜な夜な公道で慣らし運転をしてきた。もちろん、GTウイングは外してタイヤも街乗り用に交換。住んでいるのは札幌市で、法定速度以下で北海道らしく高速道路や国道をゆったりと流してきた。メインで走るのは十勝スピードウェイで、そのときは積載車で往復しているが、夜ごとの慣らしドライブがオーナーの楽しみなのだ。

日産「スカイラインRSターボ」を愛して4台目! オリジナル重視なのにボンネットをカーボン化した理由とは

エンジンをリフレッシュしMoTeCで960馬力を実現

「気持ちよく夜の高速道路で慣らしをするのはいいのですが、北海道の問題は夜にガソリンスタンドが閉まっちゃうんですよね。以前のエンジンのとき、そろそろ給油しようかなと思ったら行くスタンドみんな閉まってて、冷や汗をかきつつ長万部から戻ってきたのも良い思い出です」

とオーナーの三輪さん。以前のエンジンがタービンブローをしたのを機にリフレッシュに踏み切った。エンジンはブライアンクロワーの2.9L仕様にしてタービンも最新のギャレットG35-900を装着。エキマニはアルトラック社に特注で製作してもらった等長タイプとすることで、タービンピックアップの良さを実現している。制御もこれまでのF-CON V ProからMoTeC M1に一新した。

車両製作を行う札幌のチューニングショップ「クルーズ」の吉川大志郎マネージャーはこう語る。

「MoTeCにすることで制御が緻密になることもありますが最大の魅力は拡張性です。フラットシフトでもローンチスタートでも何でもできちゃうので、今後はホリンジャーのシーケンシャルにしてパドルシフトにして、なんてことも可能です」

今回はエンジン+タービンを一新してトランスミッションなどはノーマルゲトラグを使用。MoTeCでしっかりとセッティングすることでパワーはローラー式換算で驚異の960ps、トルクは105kgmを出している。

十勝スピードウェイでシェイクダウン、プロの意見は?

1000ps近いパワーを手に入れたR34は、さっそく十勝スピードウェイ・ジュニアコースの走行会で走行デビューとなった。オーナーは驚きのパワーにカラダが慣れないと周回を重ねる。そこでクルーズ走行会のゲストドライバーだった木下みつひろプロが試乗した。

「これだけパワーがあるとリアのアクティブLSDがちょっと足りないですね。できれば機械式にしてしっかりと効かせたほうがトラクションが得られて前に進めることができます。オススメはなめらかに効くATSカーボンLSDですが」

と自らセッティングしたパーツをオススメ。さらにこうアドバイスしてくれた。

「あとはリアのリバウンド側の減衰力がちょっと強い。サスが伸びてくるのに時間がかかるので、ちょっとそこは調整したいところ。しっかりとトラクションがあって、足が良くなればもっとパワーを出しても受け止められますね」

リアデフを機械式へ……ならいっそホリンジャーのシーケンシャルも?

オーナーの三輪さんはさっそく機械式デフの装着を考え始める。しかし、クルーズの吉川マネージャーからはなかなか厳しい指摘が。

「リアを機械式にするってことは機械式のグレードのリアデフキャリアがないと付かないんですが、これがまたそうそう落ちてないわけですよ。純正部品ももちろん出ませんし。そこを探すところからですね」

現役バリバリとはいえ、20年以上経過しているR34の痛いところでもある。さらに吉川マネージャーが

「デフケースが変わるってことはファイナルギアとピニオンギアも変えなくちゃいけないので、そこも探さないといけません。でも、もしこの先ホリンジャーのシーケンシャルミッションにするとしたら、そのときにまた違ったギア比のファイナルギアとピニオンギアが要るわけです。そうなると二度手間でお客さまの金銭的負担も大きくなってしまいますので……。もうホリンジャーにしちゃいましょうか!」

と言うとオーナーは必死で止める。

「やめろーやめろー、たしかにそうだけどいきなり行くなって。エンジン出来たとこなんだから……」(三輪オーナー)

「でも、リアデフ強くしたいんでしょ」(吉川マネージャー)

「う、うん」(三輪オーナー)

次なるステップへの進化は冬の間にコツコツと

こうして夏は過ぎていく。しかし、北海道の夏は短い。8月の十勝夏祭りが最大のイベントで、そこからお盆をすぎるともう暑さは和らぎ、冬に向かって進んでいく。気温の低いアタックチャンスを狙うのは10月までで、11月となれば厳しい。

となると、シーケンシャルシフト+パドルシフト化はおろか、リアデフの機械式化も今シーズンに間に合うかは微妙なところだが、冬の間にコツコツとクルマを進化させ、春から慣らして夏に成果を出すのが北海道ならではのチューニングカーライフの楽しみ方なのである。

こんな記事も読まれています

DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
AUTOSPORT web
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
AUTOSPORT web
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
ベストカーWeb
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
AUTOCAR JAPAN
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
ベストカーWeb
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
Auto Messe Web
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
AUTOSPORT web
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
AUTOSPORT web
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
AUTOSPORT web
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
AUTOCAR JAPAN
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
Auto Messe Web
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
AUTOSPORT web
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
AUTOSPORT web
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
AUTOSPORT web
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
AUTOCAR JAPAN
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
AUTOSPORT web
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

10件
  • はいフェンダーダサい。センスなし
  • GTウイング外して乗ってるわけないやろ
    わざわざ取り外すとかめんどいし、どうせ違法ってつっこまれない為に書いただけだろ!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

534.61104.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

136.4298.0万円

中古車を検索
ATSの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

534.61104.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

136.4298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村