現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型の姿が見えてきた! 日産フラッグシップミニバン、エルグランドフルチェン!!

ここから本文です

新型の姿が見えてきた! 日産フラッグシップミニバン、エルグランドフルチェン!!

掲載 57
新型の姿が見えてきた! 日産フラッグシップミニバン、エルグランドフルチェン!!

スクープ [2023.12.01 UP]


新型の姿が見えてきた! 日産フラッグシップミニバン、エルグランドフルチェン!!

家族がうれしいベストミニバン【2023年】おすすめグレード徹底解説!

次期エルグランド予想CG
現行型の3代目はデビューから13年が経過。ライバルのトヨタアルファード/ヴェルファイアが刷新される中、新型エルグランドはいつなのか? 開発が進んでいるという情報は、今までもつかんできたが、ジャパンモビリティショー2023に出品されたEVコンセプトカー「ニッサン ハイパーツアラー」でそのデザインの片鱗を見せることになった。


「ニッサン ハイパーツアラー」は、全固体電池や進化した電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」の搭載をうたったEVとされているが、実際に登場する新型エルグランドはe-POWER技術を軸としたシリーズハイブリッドとなる可能性が高い。


もちろん、将来的にはEV化が想定されているが、そこに行くにはまだまだステップが必要で、まずはハイブリッドモデルから投入される。そのプラットフォームは三菱の次期デリカと共有する可能性が高く、奇しくも、または狙ったようにジャパンモビリティショー2023に出展された、次期デリカと思われる三菱の電動クロスオーバーMPVコンセプトである「MITSUBISHI D:X Concept」、まだコンセプトだが、新型エルグランドと同時期に市場デビューを飾るだろう。


ただ、共有化されるのはシャシーのみで、パワートレーンはそれぞれ独自のものを採用するだろう。この関係性は、SUVである現行型のエクストレイルとアウトランダーと同じになる。


ただし、2023年の現在ではエルグランド級のミニバン市場は、すでにトヨタ・アルファード/ヴェルファイアが中国やアジア・オセアニア地域で販売されるなど、広がりをみせており、レクサスはトヨタ・アルファード/ヴェルファイアをベースとした超高級MPVのLMを欧州市場にまで投入することをアナウンスしている。


4代目となる次期エルグランドも日本市場のみならず、当然中国、アジア・オセアニア地域での販売を見込んでくるはず。その場合、ガソリンハイブリッドだけでなく、部分的なモーター走行が可能なプラグインハイブリッド(PHEV)もパワートレーンの一つとして必ず必要になってくる。


このプラグインハイブリッド(PHEV)こそが、三菱アウトランダーや次期デリカに搭載が予想されるユニットになる可能性が高い。新型エルグランドの予想デビュー次期は2025年前半。15年目の刷新に期待しよう!

こんな記事も読まれています

スキャンダル発覚にフェルスタッペン家が関与? ホーナーの不適切行為を報じた人物は近しい存在
スキャンダル発覚にフェルスタッペン家が関与? ホーナーの不適切行為を報じた人物は近しい存在
AUTOSPORT web
こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
グーネット
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
ベストカーWeb
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
ベストカーWeb
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
AUTOSPORT web
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
AUTOSPORT web
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
グーネット
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
グーネット
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
AUTOSPORT web
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
ベストカーWeb
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
Auto Messe Web
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
バイクブロス
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
バイクブロス
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
グーネット
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
乗りものニュース
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
AUTOCAR JAPAN
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
AUTOSPORT web
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
乗りものニュース

みんなのコメント

57件
  • ara********
    なんだこのクソださCGは
    ベストカーを見習え
  • 鳥メの部屋
    日産って、出る出るって言っても出ないよね。
    我が家は日産乗り継いでるから、なんかガッカリしてきた。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

403.8837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8560.0万円

中古車を検索
エルグランドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

403.8837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8560.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村