現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!

ここから本文です

マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!

掲載 14
マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!

 一気に暖かくなった日本だが、今シーズンの冬は暖冬と当初騒がれながらも突発的な大雪に見舞われることがあった。今年1月には名神高速で大雪のため立ち往生があったことも記憶に新しい。そんなシチュエーションで役立つアイテム「SNOWKEL(スノーケル)」がマフラーメーカーのFUJITSUBOから今年1月に登場した。来シーズンの大雪に備えてクルマに1本積んでおきたいアイテムだ。

文:西川昇吾、写真:西川昇吾・藤壺技研工業株式会社

マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!

■「SNOWKEL(スノーケル)」ってどんなアイテム?

2023年の東京オートサロンでデモカーのフェアレディZに試作アイテムを装着し、SNSへ投稿したところ反響を呼んだ

 「SNOWKEL(スノーケル)」は大雪の停車時に、車内での一酸化炭素中毒を防いでくれるアイテムだ。煙突のような形状となっていて、これをマフラーのテールエンドに装着することで、雪が積もって車体下部が覆われてしまっても排気が可能となる。こうすることで車内に一酸化炭素を取り込むことを防ぐようになっている。

 大雪時の一酸化炭素中毒というのは、排気ガスが行き場を失って車体下部に留まってしまい、外気導入口から車内に導入してしまうことが主な原因となっている。

 一酸化炭素は無色無臭であるため車内にいても環境の変化に気が付きにくい、気が付いたときにはもう「時すでに遅し」と思っておいた方がいいだろう。

 FUJITSUBOとしてもキッカケは例年取り上げられる大雪が原因による立ち往生時の死亡事故であった。「マフラーメーカーとして何か出来ることはないか…」そう思い「SNOWKEL(スノーケル)」のプロジェクトが立ち上がった。

 まずは2023年の東京オートサロンでデモカーのフェアレディZに試作アイテムを装着し、SNSへ投稿したところ反響を呼んだ。これを受けて市販化へと着手した。

■「多くの人に使いやすい」を拘った

 とはいえ、多くのクルマが投稿されたフェアレディZのように大口径のマフラーを装着している訳ではない。また、「SNOWKEL(スノーケル)」のようなアイテムは多くのクルマに装着されるし、クルマに詳しくない人も装着することが多いから取り付けも簡単にしなければならない。これまでのマフラー作りとは異なる面が必要とされたのだ。

 そこでまずは従業員駐車場に止まっているクルマたちのノーマルマフラーの径を測定してデータを集めた。最初は軽乗用車をターゲットにした径で開発がスタートした。こうして「SNOWKEL(スノーケル)」が誕生した訳だが、取り付けには工具が不要となっていて、ホースバンドの締め付け部分も分かりやすく締め付けやすい。

 転倒防止のベルトもマジックテープで取り付けるため簡単だ。取り付け説明書もあるが装着方法が分かりやすい動画が公開されていて、誰でも簡単に取り付けることが出来る。

[articlelink]

■スキー場でのテストも実施

「SNOWKEL(スノーケル)」を装着した状態での走行は違反となる為、あくまでも立ち往生時やアイドリングでの駐車時のみの使用となる

 そして実際にスキー場でのテストも行ったそうだ。データを取りながら長時間のアイドリングや車中泊などをしたが問題はなかったそうだ。細部を見ると水に抜け用の穴などもあけられていて、立ち往生時に考えられる長時間のアイドリングでも安心できる設計が随所に現れている。

 今後は協力してもらったスキー場を始め、雪国からの声もフィードバックしていきたいそうだ。

 なお、「SNOWKEL(スノーケル)」を装着した状態での走行は違反となる。あくまでも立ち往生時やアイドリングでの駐車時のみの使用と考えるべきだ。また、装着したからといって必ずしも安全という訳ではない。定期的に正常に排気しているかをチェックしてほしいとのことだ。

 「SNOWKEL(スノーケル)」は約80cmの高さとなっているため、それ以上の積雪だと排気が困難になってしまうこともある。また、ルーフから雪が落ちてくる可能性もあるからそのような注意は必要だ。

 現在はホームページを始め、楽天公式オンラインストアでも購入可能とのこと。また、カー用品店やタイヤショップでの展開も増やしているそうだ。個人的には雪が多い地域のSA/PAや道の駅で販売出来たらより良いのではと思う。

また対応車種も増やしていく予定だ。来シーズンの突発的な大雪に備えて車内に一本「SNOWKEL(スノーケル)」を積載しておくのはいかがだろうか?

こんな記事も読まれています

デザインは「?」 でも万能 そして安い! テリー伊藤、フォレスターに惚れ込む【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
デザインは「?」 でも万能 そして安い! テリー伊藤、フォレスターに惚れ込む【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
ポルシェ「911」を売却してテスラ「モデル3」に乗り換え! 試乗後にスマホで「ポチッ」とデポジット入金しちゃいました【テスラのある本当の生活】
ポルシェ「911」を売却してテスラ「モデル3」に乗り換え! 試乗後にスマホで「ポチッ」とデポジット入金しちゃいました【テスラのある本当の生活】
Auto Messe Web
メルセデス・マイバッハ Sクラスに限定車「S 580 ナイトエディション」が登場
メルセデス・マイバッハ Sクラスに限定車「S 580 ナイトエディション」が登場
Webモーターマガジン
メルセデスベンツ『ウニモグ』から派生、堅牢シャシーが世界の軍用車両のベースに…フランス防衛・安全保障展示会出展へ
メルセデスベンツ『ウニモグ』から派生、堅牢シャシーが世界の軍用車両のベースに…フランス防衛・安全保障展示会出展へ
レスポンス
160万円のトヨタ「斬新2シーターモデル」が凄い! 全長2.5mの「超軽量ボディ」でスイスイ走る! 買わなくても乗れる「新サービス」が開始!
160万円のトヨタ「斬新2シーターモデル」が凄い! 全長2.5mの「超軽量ボディ」でスイスイ走る! 買わなくても乗れる「新サービス」が開始!
くるまのニュース
専用設計だから見やすさが違う! 「WR-V」や「CX-60」に対応のホンダ・マツダ用専用設計ルームミラーが登場
専用設計だから見やすさが違う! 「WR-V」や「CX-60」に対応のホンダ・マツダ用専用設計ルームミラーが登場
月刊自家用車WEB
ルノー製エンジンがF1から消える!? アルピーヌ、新レギュレーション到来の2026年から“他社製”に乗り換え検討か
ルノー製エンジンがF1から消える!? アルピーヌ、新レギュレーション到来の2026年から“他社製”に乗り換え検討か
motorsport.com 日本版
VW ゴルフ のセダン版、『ジェッタ』に改良新型…6月中に米国発表へ
VW ゴルフ のセダン版、『ジェッタ』に改良新型…6月中に米国発表へ
レスポンス
国産の“次世代フォーミュラカー”製作を公表した日本自動車レース工業会に聞く。既に空力設計に着手……目指すはスーパーフォーミュラでの採用か?
国産の“次世代フォーミュラカー”製作を公表した日本自動車レース工業会に聞く。既に空力設計に着手……目指すはスーパーフォーミュラでの採用か?
motorsport.com 日本版
ブラッド・ピット主演のF1映画、2025年6月に全世界で公開決定
ブラッド・ピット主演のF1映画、2025年6月に全世界で公開決定
motorsport.com 日本版
自動運転技術のベンチャー Tier4とスズキは資本業務提携で合意
自動運転技術のベンチャー Tier4とスズキは資本業務提携で合意
Auto Prove
カーナビ画面は「北が上?」それとも「進行方向が上?」 どっちが多数派!? それぞれのメリットを「実際のユーザー」に聞いてみた!
カーナビ画面は「北が上?」それとも「進行方向が上?」 どっちが多数派!? それぞれのメリットを「実際のユーザー」に聞いてみた!
くるまのニュース
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
ベストカーWeb
ターボの「ポン付け」とかいうけど全然「ポン」じゃない! いまどきのNA車のターボ化は超高難易度だった!!
ターボの「ポン付け」とかいうけど全然「ポン」じゃない! いまどきのNA車のターボ化は超高難易度だった!!
WEB CARTOP
ハイパープロ CT125ハンターカブ(20-23)用「ステアリングダンパーステー」がアクティブから登場!
ハイパープロ CT125ハンターカブ(20-23)用「ステアリングダンパーステー」がアクティブから登場!
バイクブロス
アクティブが「Rebel1100 DCT」2024 ショーモデルのパーツを公開!
アクティブが「Rebel1100 DCT」2024 ショーモデルのパーツを公開!
バイクブロス
株式会社 NEXER がバイクで走りたい都道府県ランキングを発表!
株式会社 NEXER がバイクで走りたい都道府県ランキングを発表!
バイクブロス
軽自動車の王者「N-BOX」に何が起きた? 販売ランキングでついに「首位陥落」、その納得理由とは
軽自動車の王者「N-BOX」に何が起きた? 販売ランキングでついに「首位陥落」、その納得理由とは
Merkmal

みんなのコメント

14件
  • サバトラ
    まぁ車検非対応と言いながら立ち往生から抜ける車を警察も捕まえんだろうし
    逆に動けるのにマフラー外してたら早く行ってくれと怒られる
  • エガちゃんねらー
    昭和の暴ヤンは先見の明があったわけさ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.03300.0万円

中古車を検索
フェアレディZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.03300.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村