現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 特別な顧客だけが味わえるフェラーリのワンオフモデル! 最新作「SP-8」が贅沢すぎる

ここから本文です

特別な顧客だけが味わえるフェラーリのワンオフモデル! 最新作「SP-8」が贅沢すぎる

掲載 2
特別な顧客だけが味わえるフェラーリのワンオフモデル! 最新作「SP-8」が贅沢すぎる

 この記事をまとめると

■フェラーリが特別なオーナーのために製作したワンオフモデル「SP-8」を発表した

カフェ「オレ」と「ラテ」的な差はある! クルマの「ワンオフ・ビスポーク・オーダーメイド」って何が違うのか?

■3色に塗り分けられたボディカラーはSP-8専用のカラーリング

■「F1ギアボックス・コマンド」シフトゲートやネイビーブルー×イエローのシートなどインテリアも特別仕立て

 特別なカスタマーだけに許されるワンオフのフェラーリ

 フェラーリのカスタマーにとって究極的な夢といえるのは、自分のためだけに製作された一台、すなわちワンオフモデルを手に入れることだろう。

 フェラーリはほかにもイーコナシリーズや、さまざまなスペチアーレなどを選ばれたカスタマーに送り届けていることでも知られているが、やはりこの世界に一台しか存在しないワンオフモデル、しかもその開発時からさまざまなディスカッションを繰り返して作り出されていくワンオフの価値は、それらとも大きく違うのが現実といったところだろう。

 今回発表されたワンオフモデルは、「SP-8」と呼ばれるもので、オーナーは台湾出身の人物であるという。台湾や中国では「8」は縁起の良い数字であることは日本でも広く知られているが、今回のSP-8のカスタマーもまた、その縁起を担いで車名に8の数字を掲げたのだ。

 SP-8のベースとなっているのはF8スパイダー。これまでのワンオフモデルと同様に、メカニカルなパートでの変更は一切加えられておらず、ミッドには3902ccの排気量を持つV型8気筒ツインターボエンジンが搭載される。最高出力の720馬力、最大トルクの770Nmというスペックにも、公式な発表はないが、おそらく変化はないはずだ。

 実車の画像を見て、まず強く印象に残るのは、その大胆なカラーリングだろう。フロントエンドからキャビン後方までは、ブルー・サンドストーンと呼ばれる、光沢のあるブラック系のカラーを。そしてブルー・スクーロ・スッテラートのパートを挟んで、マット系のアルジェント・ミカリッザートへと車体後半部を塗り分けるテクニックは、前後でSP-8のイメージをまったく異なるものに見せる、じつに効果的なものといえる。ちなみにこの3色のカラーは、いずれもSP-8のために専用で開発されたものだという。

 屋根が存在しない完全なオープンモデル

 ボディデザインも、もちろんF8スパイダーから大きくその姿を変えている。最大のトピックスといえるのはリトラクタブルハードトップが取り除かれ、完全なオープンモデルとしてデザインされていること。その結果、フロントフェンダーからフロントウインドウ、サイドウインドウ、そしてリヤのエンジンコンパートメント、リヤエンドへと連なるサイドラインは、きわめて美しい造形を見せるようになった。

 ドアのデザインやそれに連なるエアインテーク、あるいはエンジンカバー上に左右3対で設けられた排気口などもSP-8のオリジナルデザインだ。フロントグリルやヘッドライトまわりのスタイルも大胆に変貌を遂げ、より戦闘的な雰囲気を強めている。ホイールは5本スポークタイプで、そのカラーであるグリジオNARTのカラーとともに、こちらもSP-8の専用デザインとなる。

 インテリアでは、シフトゲートがモディファイされ、SF90ストラダーレで初採用された「F1ギアボックス・コマンド」が装備されたのが大きな話題だ。

 シートはイエローのアクセントラインが施されたネイビーブルーのアルカンターラを用いたもので、カスタマーは燦々と降り注ぐ太陽光のなかでSP-8のパフォーマンスとラグジュアリーな雰囲気をフルに満喫することができるのだろう。

 ちなみにフェラーリによれば、このSP-8の音響快適性はベースとなったF8スパイダーと同等。空力特性もまた変わらない性能が確保されているという。

 フェラーリのカスタマーのなかでも、特別な人物にしか与えられないワンオフモデル製作のチャンスを前に、SP-8のカスタマーは見事に理想的なモデルを作り上げたようだ。

こんな記事も読まれています

やらないと、どんな問題が起こる? 忘れてしまいがちなバイクのオイル交換
やらないと、どんな問題が起こる? 忘れてしまいがちなバイクのオイル交換
バイクのニュース
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
レスポンス
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
ベストカーWeb
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
Auto Messe Web
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
motorsport.com 日本版
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
レスポンス
ル・マンの雄にして元F1ドライバーのエマニュエル・ピロ、62歳で2輪レースデビュー。初陣はクラス10位フィニッシュ
ル・マンの雄にして元F1ドライバーのエマニュエル・ピロ、62歳で2輪レースデビュー。初陣はクラス10位フィニッシュ
motorsport.com 日本版
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1日本GP】トップ5チームの一角を崩し、10位に食い込んだ角田裕毅
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1日本GP】トップ5チームの一角を崩し、10位に食い込んだ角田裕毅
AUTOSPORT web
恐怖のシーズン到来!? “全国最悪級の渋滞”春のアクアライン&首都高湾岸線 攻略法は? 車線改良の効果はあるのか
恐怖のシーズン到来!? “全国最悪級の渋滞”春のアクアライン&首都高湾岸線 攻略法は? 車線改良の効果はあるのか
乗りものニュース
「タダモノじゃない!」 4✕4でウインチ付属 リフトアップされた“タフネス仕様” 「キャンター」キャンピングカーがカッコいい
「タダモノじゃない!」 4✕4でウインチ付属 リフトアップされた“タフネス仕様” 「キャンター」キャンピングカーがカッコいい
VAGUE
狭山茶の爽やかな風味を堪能できる「茶きりうどん」 バイクで巡る「うどん共和国」埼玉県
狭山茶の爽やかな風味を堪能できる「茶きりうどん」 バイクで巡る「うどん共和国」埼玉県
バイクのニュース
フェラーリのカリスマ、ルカ・ディ・モンテゼーモロが成し遂げたこと 【第1回】フェラーリとの関わりは1973年にはじまる
フェラーリのカリスマ、ルカ・ディ・モンテゼーモロが成し遂げたこと 【第1回】フェラーリとの関わりは1973年にはじまる
AUTOCAR JAPAN
シエンタにフリード……若者にオススメしたいミニバン一挙公開! 60万円でセレナが手に入る!? 青春を謳歌したいならミニバンだ
シエンタにフリード……若者にオススメしたいミニバン一挙公開! 60万円でセレナが手に入る!? 青春を謳歌したいならミニバンだ
ベストカーWeb
【MOTUL】新たな最高峰オイル「300V FACTORY LINE ROAD RACING & OFF ROAD」は出力と信頼性を向上させて4月発売  
【MOTUL】新たな最高峰オイル「300V FACTORY LINE ROAD RACING & OFF ROAD」は出力と信頼性を向上させて4月発売  
モーサイ
アンダー400万円!? ホンダ新型「350馬力 5.0リッター”VTEC”」実機公開に反響多数! 精悍グリル風デザインの「BF350」登場
アンダー400万円!? ホンダ新型「350馬力 5.0リッター”VTEC”」実機公開に反響多数! 精悍グリル風デザインの「BF350」登場
くるまのニュース
【写真蔵スペシャル】オートモビルカウンシル 2024で、ちょっと気になったクルマたちを紹介
【写真蔵スペシャル】オートモビルカウンシル 2024で、ちょっと気になったクルマたちを紹介
Webモーターマガジン
トヨタ、ダイハツの再生に向けた体制の見直しについて発表
トヨタ、ダイハツの再生に向けた体制の見直しについて発表
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

2件
  • ザ・ファイナル・タカヒロ
    おい、これ完全にプリウスのパクリだろ
    トヨタさん裁判やっちゃってください
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3657.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4450.05480.0万円

中古車を検索
F8スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3657.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4450.05480.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村