現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW新型5シリーズ向け「Mパフォーマンス パーツ」を発表。セダンもi5も、ダイナミックなキャラクターが際立ってくる

ここから本文です

BMW新型5シリーズ向け「Mパフォーマンス パーツ」を発表。セダンもi5も、ダイナミックなキャラクターが際立ってくる

掲載 3
BMW新型5シリーズ向け「Mパフォーマンス パーツ」を発表。セダンもi5も、ダイナミックなキャラクターが際立ってくる

2023年8月10日(ドイツ現地時間)、BMWは同年10月から市場投入予定の新5シリーズ セダンおよびi5用のMパフォーマンス パーツを発表。空力、インテリア、シャシ部品などで、高性能なカスタマイズのための多くのオプションを提供する。

エクステリアはカーボンパーツでコーディネート
BMW 新5シリーズおよび電気自動車のi5は、日本仕様も既に発表されたが、実際のデリバリーはドイツ本国でも2023年10月からになる。それに合わせて発売される、Mパフォーマンスのカスタマイズパーツが発表された。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

まずエクステリア パーツが、スポーティでエレガントなビジネスセダンをさらにアスレチックに見せる。MスポーツパッケージまたはMスポーツパッケージプロは、ボディデザインに完璧にフィットする。いずれのパーツも厳格なBMWグループの品質ガイドラインに従って常にテストされ、承認されている。

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製で、高品質の仕上げを実現するために透明なラッカーで密封されたパーツは、5シリーズにあらゆる角度からシャープでスポーティな外観を与える。ボディの前後では、4ピース構成のMパフォーマンス カーボンファイバー フロントアタッチメント、Mパフォーマンス カーボンファイバー プロリアスポイラー、アラミドファイバー製の3ピース構成のMパフォーマンス リアディフューザーが、レーシーな佇まいを見せる。Mパフォーマンス カーボンファイバー リアスポイラーもオプション設定される。

Mパフォーマンス カーボンサイドスカート アタッチメントに加えて、フローズンブラックの新しいMパフォーマンス アクセントストライプは、5シリーズ セダンのダイナミックに流れるラインを強調する。そして、カーボンファイバー MドアミラーキャップとMパフォーマンス アラミドアンテナカバーでトータルにドレスアップできる。

インテリアは、レーシーな雰囲気を高めて
インテリアでは、ドアを開けると見えるMパフォーマンス カーボンドアシルプレートや、合成皮革の縁取りと対照的な色の装飾的なステッチを備えたMパフォーマンス ベロアフロアマットがエクステリアとコーディネートされている。フロントには、ファブリックインサートに刺繍されたMパフォーマンスのレタリングと、特徴的なMカラーの旗も入れられている。

Mパフォーマンス カーボンフィラーキャップは、新5シリーズセダンのエンジン車とPHEVにも装着可能だ。これはユーザーが自分でキャップに貼るタイプだ。そして高品質のナッパレザーで作られたMパフォーマンス キーケースは、アルカンターラと組み合わせたカーボン風のエンボス加工が施され、これはキーをケースから取り出すことなく使える。

内外装だけでなく、足まわりにも気を配りたい
新5シリーズ セダンとi5には、19インチと21インチのホイールセットが用意されている。21インチ Mパフォーマンス クロススポーク ライトアロイホイールのセット(夏用)は、Mバイカラー ジェットブラックグロス仕上げかMフローズン ミッドナイトグレーのいずれかが選べる。

マットブラックのYスポークデザインの19インチMパフォーマンス ライトアロイホイールは、タイヤセット付きのサマーホイールとして利用できる。これは、i5 M60 xドライブ以外でスノーチェーンを装着することも可能だ。

そして、Mパフォーマンス 20インチブレーキシステムは、スポーティなドライビングスタイルに必要な減速力を提供する。4色のMロゴが特徴の赤塗装のブレーキキャリパーは、21インチのライトアロイホイールのオープンリムデザインにマッチする。スポーツブレーキシステムは、フロントに6ピストンアルミニウム固定キャリパー、リアにシングルピストンフィストキャリパーを使用。大径のドリルドベンチレーテッドMパフォーマンス 軽量ディスクは、熱耐荷重容量を改善し、レーストラックなどの極端な条件下でさらに安定した制動力を提供する。

なお、ここで紹介しているMパフォーマンス パーツはドイツ本国で発表されたものであり、このすべてが日本市場でも販売されるかは現在のところ未定だ。

[ アルバム : Mパフォーマンス パーツ for 新5シリーズ セダン & i5 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
レスポンス
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
くるまのニュース
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
バイクのニュース
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
ベストカーWeb
アウディ A4、A4アバント、A5スポーツバックの傑作特別仕様モデルを発売
アウディ A4、A4アバント、A5スポーツバックの傑作特別仕様モデルを発売
Auto Prove
スズキ、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更し、新たに「ハスラー タフワイルド」を設定して発売
スズキ、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更し、新たに「ハスラー タフワイルド」を設定して発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
くるまのニュース
カルロス・サインツJr.獲得競争に、ウイリアムズも参戦か? 現在は低迷も2026年以降に向け野心マンマン
カルロス・サインツJr.獲得競争に、ウイリアムズも参戦か? 現在は低迷も2026年以降に向け野心マンマン
motorsport.com 日本版
F1モナコGP、予選のクラッシュでベストタイム抹消の可能性? ドライバーたちが検討を求める
F1モナコGP、予選のクラッシュでベストタイム抹消の可能性? ドライバーたちが検討を求める
motorsport.com 日本版
たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
WEB CARTOP
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
motorsport.com 日本版
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日刊自動車新聞
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
レスポンス
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
バイクブロス
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
乗りものニュース
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
VAGUE
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

3件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

798.0964.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0899.0万円

中古車を検索
5シリーズ セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

798.0964.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0899.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村