現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【2024 スーパーフォーミュラ第2戦】牧野任祐がスーパーフォーミュラ初優勝!

ここから本文です

【2024 スーパーフォーミュラ第2戦】牧野任祐がスーパーフォーミュラ初優勝!

掲載
【2024 スーパーフォーミュラ第2戦】牧野任祐がスーパーフォーミュラ初優勝!

5月19日から20日にかけて行われたスーパーフォーミュラ第2戦九州大会。2024年シーズンは例年より約1ヶ月早い開幕ということもあり、第2戦まで2ヶ月間が開くことになった。舞台は大分県日田市にあるオートポリス。チャンピオンの完勝だった開幕戦とは異なり、第2戦では嬉しさと安堵の涙が光る1戦となった。(文:河村大志/写真提供:日本レースプロモーション)

テオ・プルシェールの代役としてベン・バーニコートが参戦
2024年シーズンの注目選手の1人として名前が上がっていたテオ・プルシェール。昨年のFIA F2を制した逸材がITOCHU ENEX TEAM IMPULからスーパーフォーミュラに参戦し、注目を集めていた。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

開幕戦では初めてのマシン、未経験のサーキットなどスーパーフォーミュラへの適応に苦しみリタイア。第2戦からの走りに期待が集まっていたが、今大会の1週間前にNTTインディカー・シリーズに参戦しているアロウ・マクラーレンとの正式契約を結び、スーパーフォーミュラのフル参戦を取りやめることを発表したのだ。

プルシェールの離脱によりシートが空いたインパルは、ベン・バーニコートの代役参戦を決断した。バーニコートはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTD Proクラスでチャンピオンを獲得し、今年もLexus Racing USAのファクトリードライバーとして同クラスに参戦している。

昨年12月にスーパーフォーミュラのルーキーテストに参加をしていたものの、フォーミュラカーのレースに出るのは実に4年ぶりというバーニコート。わずか数日で契約合意と準備を済ませ、オートポリスにやってきた。

GT3の使い手として活躍し、フォーミュラでのレースはブランクがあるバーニコートだが、ルーキーテストではトップタイムを出すなどポテンシャルは十分だ。

しかし、本人は今季IMSAに集中したいと明言しており、スーパーフォーミュラへの参戦は今回のみという。第3戦以降のドライバーは後日アナウンスされる予定だ。

岩佐歩夢が大差をつけ初のポールポジション獲得!
土曜日に行われた予選では、開幕戦で悔しいデビューとなった岩佐歩夢(TEAM MUGEN)が早くもポテンシャルの高さを見せつけた。

予選Aグループに振り分けられた岩佐は、1分27秒570をマーク。好タイムを記録するも、太田格之進(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が上回り、岩佐はグループ全体2位でQ2進出を果たした。

Bグループには岩佐のチームメイトであり、開幕戦ウィナーである野尻智紀(TEAM MUGEN)が出走。こちらもグループ3位のタイムを出しQ2に進出を決めている。Bグループではフリー走行から好調の牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップ、開幕戦で自身初のポールポジションを獲得した阪口晴南(VERTEX PARTNERS CERUMO・INGING)が2番手と野尻を上回っている。

ポールポジションが決まるQ2は残り3分となったところで各車アタックを開始。文字通り一発勝負は僅差の戦いが繰り広げられると予想された。

しかし、そんな中、驚異的な速さを見せたのが岩佐だった。1分26秒632という2位にコンマ3秒もの大差をつけ、スーパーフォーミュラでの初ポールポジション獲得。経験のないオートポリスで素晴らしい走りを披露した。2位に牧野、3位には山本尚貴がつけている。

2024年 スーパーフォーミュラ 第2戦 予選結果(Q2)
1 15 岩佐歩夢 TEAM MUGEN 1’26.632
2 5 牧野任祐 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 1’26.970
3 64 山本尚貴 PONOS NAKAJIMA RACING 1’27.046
4 38 阪口晴南 VERTEX PARTNERS CERUMO・INGING 1’27.047
5 16 野尻智紀 TEAM MUGEN 1’27.063
6 36 坪井翔 VANTELIN TEAM TOM’S 1’27.079
7 6 太田格之進 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 1’27.094
8 8 福住仁嶺 Kids com Team KCMG 1’27.333
9 3 山下健太 KONDO RACING 1’27.412
10 7 小林可夢偉 Kids com Team KCMG 1’27.538
11 39 大湯都史樹 VERTEX PARTNERS CERUMO・INGING 1’27.730
12 37 笹原右京 VANTELIN TEAM TOM’S 1’27.857

ついにやった!牧野任祐がスーパーフォーミュラ初優勝
決勝日は快晴で、気温24度、路面温度38度のドライコンディションの中行われた。41周の決勝レースは2番グリッドの牧野がリアクション、蹴り出しともに素晴らしいスタートを決めトップでターン1を通過。一方、ポールシッターの岩佐はまずまずのスタートを切るも牧野に先行を許す。岩佐は牧野を意識しすぎたか、アウト側から山本にもパスされ3位に後退してしまった。

トップにたった牧野は序盤からハイペースでレースをリード。ピットウィンドウが開く10周目には2位の山本に5秒もの大差をつける走りを見せた。

牧野に逃げられてしまった山本は岩佐を従え周回するが、10周目にピットインを敢行。上位では山本と太田が真っ先に動く格好となった。

山本がピットに入り、クリーンエアを得た岩佐は牧野を猛追。レース折り返しとなる20周目には3秒差にまで迫っていた。しかし、以降は両者のギャップは縮まらず、徐々にタイヤの消耗によりラップタイムが落ちていく。

このタイミングでトップの牧野と2位の岩佐が同時にピットイン。24周目にタイヤ交換を行うと、牧野は山本の前(実質のトップ)でコースに復帰。しかし、岩佐は山本と太田の後での復帰となり、再び牧野の先行を許す形になってしまった。

岩佐はタイヤのアドバンテージを活かし太田をパスし山本に狙いを定めていく。早く山本を攻略し、牧野を追いたい岩佐だったが、ストレートスピードが伸びず苦戦。岩佐は残り8周でようやく山本を攻略するも、牧野とは13秒もの大差がついていた。

岩佐は最後の最後までアタックを続けたが届かず。独走でチェッカーフラッグを受けた牧野が参戦6年目にしてスーパーフォーミュラ初優勝となった。力走を見せた岩佐は8秒ものギャップを詰めるも5秒足りず2位、3位には岩佐と同様に追い上げを見せた坪井翔(VANTELIN TEAM TOM’S)が入った。

嬉しい初優勝となった牧野は感情を爆発させ、チームスタッフと抱擁。初優勝を噛み締めていた。さらに、ランキングにおいても野尻とポイントに並び、ポイントリーダーに浮上している。

2024年 スーパーフォーミュラ 第2戦 決勝結果(トップ10)
1 5 牧野任祐 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 41LAPS
2 15 岩佐歩夢 TEAM MUGEN +5.565
3 36 坪井翔 VANTELIN TEAM TOM’S +8.978
4 64 山本尚貴 PONOS NAKAJIMA RACING +25.812
5 6 太田格之進 DOCOMO TEAM DANDELION RACING +26.311
6 38 阪口晴南 VERTEX PARTNERS CERUMO・INGING +28.385
7 3 山下健太 KONDO RACING +29.385
8 8 福住仁嶺 Kids com Team KCMG +30.041
9 16 野尻智紀 TEAM MUGEN +0.286
10 7 小林可夢偉 Kids com Team KCMG +31.419

[ アルバム : 2024年 スーパーフォーミュラ 第2戦 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

狙われたJAXA、複数回のサイバー攻撃、NASA・トヨタなどの情報も大量流出の可能性[新聞ウォッチ]
狙われたJAXA、複数回のサイバー攻撃、NASA・トヨタなどの情報も大量流出の可能性[新聞ウォッチ]
レスポンス
ホンダ 新「“充電待ちゼロ”EV」実車公開に反響殺到!? 「斬新バッテリー」搭載&大開口スライドドア! “カクカクデザイン”の商用バン「MEV-VAN」に熱視線
ホンダ 新「“充電待ちゼロ”EV」実車公開に反響殺到!? 「斬新バッテリー」搭載&大開口スライドドア! “カクカクデザイン”の商用バン「MEV-VAN」に熱視線
くるまのニュース
インディアンの限定車「FTR×RSD Super Hooligan」に見る メーカーとカスタムの世界を繋ぐ意味
インディアンの限定車「FTR×RSD Super Hooligan」に見る メーカーとカスタムの世界を繋ぐ意味
バイクのニュース
VWの新型SUV、『ティグアンL Pro』を中国で納車開始
VWの新型SUV、『ティグアンL Pro』を中国で納車開始
レスポンス
【試乗】ニュルで仕込んだスポーツタイヤ! グッドイヤーの新モデル「イーグルF1アシンメトリック6」の実力を徹底チェック
【試乗】ニュルで仕込んだスポーツタイヤ! グッドイヤーの新モデル「イーグルF1アシンメトリック6」の実力を徹底チェック
WEB CARTOP
人気も価格も高止まり!!「絶版400cc4気筒ネイキッド」その中でも意外と手が出せるモデル6選
人気も価格も高止まり!!「絶版400cc4気筒ネイキッド」その中でも意外と手が出せるモデル6選
モーサイ
三菱デリカミニとeKスペースがサイバーセキュリティに関わるソフトウェアのプログラムを変更して信頼性を強化
三菱デリカミニとeKスペースがサイバーセキュリティに関わるソフトウェアのプログラムを変更して信頼性を強化
カー・アンド・ドライバー
スズキが軽トラ「キャリイ」題材のゲームを募集 「スプリンギン」用いてコンテスト
スズキが軽トラ「キャリイ」題材のゲームを募集 「スプリンギン」用いてコンテスト
日刊自動車新聞
2024年と2025年にデビューするメルセデスとAMGの限定モデルを含む17台を一挙紹介!
2024年と2025年にデビューするメルセデスとAMGの限定モデルを含む17台を一挙紹介!
AutoBild Japan
阪和道延伸「紀伊半島の最南端」で困難発生中!? 「謎の岩だらけ」で「5倍の時間」必要!? ぐるり一周のハイライト区間「すさみ串本道路」どうなる
阪和道延伸「紀伊半島の最南端」で困難発生中!? 「謎の岩だらけ」で「5倍の時間」必要!? ぐるり一周のハイライト区間「すさみ串本道路」どうなる
くるまのニュース
アウディの市販車最強の925馬力、EV初の「RSパフォーマンス」が『e-tron GT』に登場
アウディの市販車最強の925馬力、EV初の「RSパフォーマンス」が『e-tron GT』に登場
レスポンス
ハッチバックのヤリスを圧倒! 改良されたヤリスクロスに乗ったらバカ売れも当然と思える中身だった
ハッチバックのヤリスを圧倒! 改良されたヤリスクロスに乗ったらバカ売れも当然と思える中身だった
WEB CARTOP
トヨタ高級SUV「ハリアー」なぜ人気? スタイリッシュデザイン×高級内装採用! 2年刷新無くも売れている… 312万円から価格も魅力か
トヨタ高級SUV「ハリアー」なぜ人気? スタイリッシュデザイン×高級内装採用! 2年刷新無くも売れている… 312万円から価格も魅力か
くるまのニュース
カワサキ「Z2」再生 まずは車両の現状を確認 ~日本の至宝「空冷4発」を未来へ継承~
カワサキ「Z2」再生 まずは車両の現状を確認 ~日本の至宝「空冷4発」を未来へ継承~
バイクのニュース
アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
レスポンス
シボレー ボルトは謎めいた先進的電動化モデルだった【10年ひと昔の新車】
シボレー ボルトは謎めいた先進的電動化モデルだった【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
5月乗用車ランキング、トヨタ・シエンタが2カ月連続首位!乗用車需要は前年比マイナス1.7%ながら、復調傾向に。(SUV・軽自動車を除く販売台数ランキングTOP20・2024年5月)
5月乗用車ランキング、トヨタ・シエンタが2カ月連続首位!乗用車需要は前年比マイナス1.7%ながら、復調傾向に。(SUV・軽自動車を除く販売台数ランキングTOP20・2024年5月)
カー・アンド・ドライバー
ホンダ新型「“すごい”セダン」発表! “最強”ハイブリッド搭載&“3年ぶり”顔面刷新! 待望の「シビック」米に登場
ホンダ新型「“すごい”セダン」発表! “最強”ハイブリッド搭載&“3年ぶり”顔面刷新! 待望の「シビック」米に登場
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.5479.8万円

中古車を検索
Q2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.5479.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村