現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「オデッセイ無限仕様」初公開! 黒カーボンで迫力顔に! スポーティ&高級感が増すカスタムパーツ発売

ここから本文です

ホンダ新型「オデッセイ無限仕様」初公開! 黒カーボンで迫力顔に! スポーティ&高級感が増すカスタムパーツ発売

掲載 10
ホンダ新型「オデッセイ無限仕様」初公開! 黒カーボンで迫力顔に! スポーティ&高級感が増すカスタムパーツ発売

■オデッセイ向け無限パーツが登場

 ホンダ車のカスタムパーツなどを開発・製造する無限(M-TEC)は2023年12月7日、上級ミニバン「オデッセイ」の改良モデル向けに開発した各種パーツを発表しました。

【画像】迫力マシマシ! スポーティなホンダ新型「オデッセイ」無限仕様を写真で見る(111枚)

 オデッセイは、セダンのような走行性能や快適性能、背の低いスタイリッシュなデザインを採用したことで人気を獲得し、ミニバンブームの火付け役となったモデルです。

 初代は1994年にデビュー。最新モデルは2013年11月に登場した5代目です。国内モデルとしては歴代初となる両側スライドドアを採用したほか、全高はアップし、全長も延長するなど、ボディが大型化しています。

 2020年11月には大規模なマイナーチェンジを実施。フロントは力強いイメージを与える垂直に近いフェイスデザインへと一新し、インテリアの質感もさらに高まったほか、先進運転支援「ホンダセンシング」の機能も向上しました。

 翌2021年の末には、製造を担当していた狭山工場(埼玉県)の閉鎖に伴い日本国内での販売は終了しましたが、2023年4月にホンダがオデッセイの再投入を発表し、中国で生産されている改良型を輸入する形で12月8日から販売します。

 ラインナップはいずれも2モーターハイブリッドのe:HEVで、「e:HEV ABSOLUTE」「e:HEV ABSOLUTE EX」「e:HEV ABSOLUTE EX BLACK EDITION」の3種類を設定。

 新モデルは内外装ともに一部が変更され、エクステリアはバー5本の新しいフロントグリルを採用するほか、スモークのテールランプを採用し、精悍な表情に一新しました。

 インテリアは基本的に従来モデルと同等ですが、新たにボタン式の「エレクトリックギアセレクター」(通称、電制シフト)を採用しました。

 このほか、2列目シートが電動調整になったことに加え、折りたたみ式のセンターテーブルとシートヒーターを装備。ホンダセンシングも近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能(オプション)を追加し、安全性能の刷新も図っています。

 価格(消費税込)は、480万400円から516万4500円です。

 そして今回、このオデッセイの復活に合わせて同モデル用の“無限パーツ”も発売されます。

「THE STRONG PERFORMER」をコンセプトに、上質で高級感を高め、スポーティなデザインの製品をラインナップするといいます。

 エクステリアは、レーシングマシンに採用している「カーボンフロントロアスポイラ一」(消費税込の参考価格24万2000円。取り付け工賃別。以下同じ)を設定。フロントバンパー下部に装着するデザインとし、スポーティな個性と高級感を高めます。

 また、フロントグリル上部には無限ロゴを配した「カーボンフロントグリルガーニッシュ」(16万5000円)を装着することで、より存在感のあるスタイリングとしています。

 ハンドリングは、アルミホイール「MDA」(1本5万5000円~6万500円)を設定。ホイールセンター部からリムに向けて切削面の太さを段階的に変化させることで、より大径に見えるデザインを採用したといいます。

 今回、新たに切削面とブラック塗装の2トーンとしたブラッククリアミラーフェイスを設定することで、スポーティさと高級感を両立します。

 このほか、一体感のあるデザインを実現し、車格に合わせた高級感を演出する「スポーツマット」(8万2500円)と「スポーツラゲッジマット」(3万8500円)にブラック×シルバーを設定。

 さらに、走行時に発生する負圧により空気の排出を効率的に促し、換気性能に優れバイザーとしての利用快適性を大幅に向上さる「ベンチレーテッドバイザー」(4枚組2万9700円)なども設定されます。

 各種パーツは、ホンダの販売店や無限パーツ取扱店で販売されます。

こんな記事も読まれています

このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
ベストカーWeb
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
グーネット
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
motorsport.com 日本版
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
AUTOSPORT web
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
乗りものニュース
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
くるまのニュース
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
レスポンス
マーティン・ブランドル、ルクレールの速さを評価しながらも「ハミルトンを見くびるな」と警告
マーティン・ブランドル、ルクレールの速さを評価しながらも「ハミルトンを見くびるな」と警告
AUTOSPORT web
ええ、市販モデルなの!? レクサス電気SUVのド派手エアロがスゴい!! しかも実力もハンパなし
ええ、市販モデルなの!? レクサス電気SUVのド派手エアロがスゴい!! しかも実力もハンパなし
ベストカーWeb
フェラーリ「348スパイダー」が1380万円で落札! まだオーナーになるのも夢じゃない「跳ね馬」モデルがありました
フェラーリ「348スパイダー」が1380万円で落札! まだオーナーになるのも夢じゃない「跳ね馬」モデルがありました
Auto Messe Web
全国約30箇所を巡る展示・試乗イベント! BYDのEVを身近に体験できる「Hello! BYD Caravan」
全国約30箇所を巡る展示・試乗イベント! BYDのEVを身近に体験できる「Hello! BYD Caravan」
LE VOLANT CARSMEET WEB
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その2
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その2
グーネット
スバル ソルテラ【1分で読める国産車解説/2023年版】
スバル ソルテラ【1分で読める国産車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【190エボIIレストモッド追加情報】メルセデス190 E 2.5-16エボIIへのオマージュ テクニカルデータを含む全ての情報!
【190エボIIレストモッド追加情報】メルセデス190 E 2.5-16エボIIへのオマージュ テクニカルデータを含む全ての情報!
AutoBild Japan
ゲイルスピードの「サムブレーキマスターシリンダー/ハンドルバークランプ φ22.2」が3月下旬発売
ゲイルスピードの「サムブレーキマスターシリンダー/ハンドルバークランプ φ22.2」が3月下旬発売
バイクブロス
BYD オート ジャパンが全国30カ所を巡る展示・試乗イベント「ハロー! BYD キャラバン」を実施
BYD オート ジャパンが全国30カ所を巡る展示・試乗イベント「ハロー! BYD キャラバン」を実施
Webモーターマガジン
ランチア『イプシロン』新型がイタリア周遊ツアーに出発…新ディーラー網100拠点で披露へ
ランチア『イプシロン』新型がイタリア周遊ツアーに出発…新ディーラー網100拠点で披露へ
レスポンス
高速道路に輸送専用レーンができる!? 「自動物流道路」で日本の輸送はどう変わる?
高速道路に輸送専用レーンができる!? 「自動物流道路」で日本の輸送はどう変わる?
くるくら

みんなのコメント

10件
  • shin potcharu
    オデッセイ復活で販売台数がどの程度になるか
    見ものですなぁ。
  • nob********
    もう、全体のシルエットの見た目が古すぎる。前後にちょっと手を入れてる程度では新型アルヴェルには勝てないだろう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村